ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月19日

 USP医学部出身の尾崎医師は、1974年~79年に野球クラブに所属し、ピッチャーを務めた。75年度の部長でもある。「創設当時、部員はほとんどベネズエラ人留学生で、ブラジル人は唯一日系人が一人いただけだった」とか。当時は、1930年代半ばに始まった軍事政権下で、国内で医学を学ぶことができなかったベネズエラ人学生が多くUSPに留学していたためだそう。
     ◎

 サンパウロ市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で3月12日に行なわれる小野田寛郎さん追悼ミサの開始時間が、午前11時に決まった。スザノ市福博村在住の大浦文雄さんは、小野田さんがルパング島で見つかった時(74年)、同村在住だった小野田さんの実兄に「モジまで大きなタイを買いに行って届けた」と懐かしそうに思い出す。「それまで『弟は戦争で死んだ』って言っていたんです」。小野田さんは実兄に誘われて当地に移住し、同教会で挙式を挙げた。大浦さんも出席して握手した時、「小野田さんは猛獣の目をしていた」と思い出す。訃報に接し、大浦さんは「彼はブラジルで死ぬべきだったと思う」と悔やんだ。なお、斉藤準一空軍総司令官ら日系軍人も敬意を表して同ミサに出席する予定。

     ◎

 水耕栽培に関して、「腰の高さで作業できるためお年寄りにも優しいし、若者も土の汚れを気にせず取り組める」と好感を持った見学者ら。ただ「停電対策に自家発電の設備など、初期投資が必須なのが問題」「雨量に依存することは、やはり不安を感じる」といった意見もあった。有機栽培の吉住さんも「あと1週間で水がきれる」と嘆いていたが、先週末の雨でだけでひとまず安心、とはいかないだろうが、最悪の事態は免れただろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 米大統領来伯=民主主義への移行を=大統領宮殿では悲観的な見方=C・デ・デウス訪問に心配が2011年3月18日 米大統領来伯=民主主義への移行を=大統領宮殿では悲観的な見方=C・デ・デウス訪問に心配が ニッケイ新聞 2011年3月18日付け  米国のバラク・オバマ大統領が、今回の来伯でブラジルの民主主義への移行を取り上げ、アラブ地域への例えとする意向だと17日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 大統領選を左右するか「戦略投票」2018年9月25日 大統領選を左右するか「戦略投票」  「Voto […]
  • 東西南北2018年5月5日 東西南北  本日報じた、連邦議員の裁判特権(FP)は、ラヴァ・ジャット作戦以降、政治家の汚職が注目されたことで、廃止を求める動きさえある。FPはそもそも、軍事政権時代の名残によって生まれたもので、政治家が不当な理由で逮捕され、政治生命を脅かされるのを防ぐためにできたものだ。幸いにして、1 […]
  • 「ブラジルに軍事独裁政権はなかった」=ブラジル版カントリーの大御所歌手の発言が波紋2017年9月13日 「ブラジルに軍事独裁政権はなかった」=ブラジル版カントリーの大御所歌手の発言が波紋  ブラジルのセルタネージャは国際的にはあまり知られていないが、いわば、「ブラジル版のカントリー・ミュージック」で、ゴイアス州など国内の農業地帯で非常に盛んだ。とりわけ2010年代以降は、ブラジル国内では圧倒的な人気音楽となっている。  その大御所で80年代からトップクラスの人 […]
  • ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引2017年3月29日 ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引  本紙最古の営業部員、金子ロベルト司さん(85、二世)が先々週をもって退社した。日伯毎日新聞で1970年から働き始め、ニッケイ新聞まで47年間というから、ほぼ半世紀だ。邦字紙界の生き字引が、営業人生に幕を引いた。  その前にはラジオ・サントアマーロで1958年10月3日か […]