ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(103)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(103)

ニッケイ新聞 2014年2月21日

「それにしても小さな町ですね・・・」

「松原氏自身も住むには不便だと云う事で、次のバンデイランテと云う町に住んでいましたが・・・、今は・・・」

「正にあの町は選手収容所ですね」話しているうちに町から遠く離れていた。

松原氏が住んでいるバンデイランテの町をかすめて、距離をのばした。

一時間後、遠方に五十万都市が穀倉地帯の真中に突然現れた。黄金色に輝く小麦畑の向うに、白く光るビルのかたまりと、それを包んで赤瓦の住宅街が広がっている。まるで博覧会場で町の模型を見ている様な光景であった。

「ロンドリーナです。あの町から四十キロ先にローランジアがあります」

「大きな町ですね」

町に近づいていると思っていたのが、いつの間にか遠ざかっていた。街道はロンドリーナの町の一画をかじってローランジアに向かっていた。

直ぐにカンベの町が現れ、その町が終わるとローランジアの町が続いて現れた。このまま五百キロ走るとパラグアイへ続く街道から外れ町に入った。

「なんとなく神秘的な町ですね」

古川記者は、スピードを極端に落とし、恐る恐る町に入った。土曜日の午後とあって、中心街のメイン道路も人影が少なくゴーストタウンのような雰囲気だ。町でただ一つの信号機がある交差点を左折したところ、一軒のアイスクリーム屋がにぎわっていた。道を挟んで車を停めた。

「ローランジア条心寺に電話します」古川記者はサンパウロから予め連絡していた黒澤光明和尚に電話した。

「黒澤和尚ですか?サンパウロニッケイ新聞の古川です! 今、街に着きました」

【いゃー、遠いところご苦労さんです。今どこに?】

「中心街のアイスクリーム屋の前です」

【そのまま真直ぐ進んでいただき、四つ目の角を左に入っていただければ、直ぐ分かると思います】

「はい、分かりました」

携帯を切って古川記者が、

「彼は先代と同じく酒好きだと聞いているので、ちょっとビールを買っていきます」同じく酒好きの古川記者は小さな雑貨屋で、十八個に包装された缶ビールと五キロの水田米を二袋、酒のつまみにサラミと云うイタリア風のドライソーセージを買った。

何故か、中嶋和尚は町全体から湧き出る妙な力を肌で感じていた。それは磁場とか磁界によって肌毛が立つ様な感じだ。

第十六章 決意

少し手間取ったがローランジア条心寺(架空)に着いた。本堂を隠すように大きく伸びた杉と松の木があり、もう少しで通り過ぎるところであった。

境内に運動場の様な広場があり、駐車場にすると百台は収容できるであろう。大きな杉と松の木に圧倒され、実際よりも小さく見える本堂よりも、広場の奥にある木造建ての小さな家屋の方が目立った。ブラジルでは珍しくなりつつあるその木造建ての家屋から一人の青年が走り出て、大きな鉄格子の扉を横に滑らせて古川記者達の車を運動場に誘導した。

「古川さんですか、黒澤です。お待ちしておりました。遠いところお疲れさまです」中嶋和尚と同年輩の普段着姿の和尚がニコニコ顔で二人を迎えた。

「この方が日本から来られた中嶋さんです」

「中嶋と申します。よろしく。・・・、何処か、で、お会いした様な・・・」

「え! そうですか? ・・・、どこでお会いしました、ですかね?」

「もしかして、カンボジア仏跡参拝ツァーに参加されませんでした?」

「五、六年ぐらい前かな? 確かに参加しました」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(102)2014年2月20日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(102) ニッケイ新聞 2014年2月20日 「インディオの言葉で『魚がいない河』です。ですが、他の河に比べて少し少ないだけです。この河はパラナ大河に合流し、パラグアイ国境を流れ、アルゼンチンに入り、それからアルゼンチンとウルグアイの国境を流れ、ラプラタ河に合流し、アルゼンチンの首都ブ […]
  • 在聖総領事館=成田強領事部長が退官=飯田茂さんが後任に2014年3月26日 在聖総領事館=成田強領事部長が退官=飯田茂さんが後任に ニッケイ新聞 2014年3月26日 2011年3月から3年間、在サンパウロ総領事館に勤務した成田強領事部長(63、新潟)が退官するにあたり、飯田茂さん(61、埼玉)が就任、あいさつのため本紙を訪れた。 成田さんは欧州、中東、アフリカ諸国が主な海外勤務地で、ブラジル駐在は初めて […]
  • ブラジル人女性濁流に=旅行先のパラグアイで死亡2014年3月21日 ブラジル人女性濁流に=旅行先のパラグアイで死亡 ニッケイ新聞 2014年3月21日 夫婦揃ってバイクでパラグアイを旅行中のブラジル人女性が18日、増水した川に流されて死亡した。 19日付G1サイトによると、犠牲者はリオ・グランデ・ド・スル州在住のロザンジェラ・シアヴォさん(56)で、パラグアイの首都アスンソンの郊外の大通り […]
  • 左から鈴木、島田さん2014年3月19日 商議所昼食会=過去最多170人が出席=パ国商工相講演、総会も ニッケイ新聞 2014年3月19日 ブラジル日本商工会議所(藤井晋介会頭)の3月定例昼食会が14日、聖市ホテルで行われた。史上最多の170人が出席した。 独自のプログラムで人材開発を行う「コーチ・エィ」取締役社長鈴木義幸氏(47)、千葉商科大学の島田晴雄学長(71)が講演し […]
  • 50人以上の関係者を集め各種の研修報告を行った2014年3月8日 南米4カ国農業者が連携=50人がイビウーナで会議 ニッケイ新聞 2014年3月8日 日本の農林水産省からの「平成25年度中南米日系農業者 連携交流委託事業」で、中央開発コーポレーション(CKC、本社=東京都新宿区)が先月11、12の両日、聖州イビウーナ市で「第2回連携強化会議」を行った。 当地を中心にアルゼンチン、パラグァ […]