ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月25日

 今後の市場展開として「洗濯層に棒がないことがいかに便利か、そこから説明する必要がある」と頭を悩ます。棒と衣類が擦れて、汚れを落とす従来品を知るブラジル人は、棒が無いと汚れが落ちないと思い込んでいるよう。洗濯層に組み込まれた底面が回転することで水流を作り、衣類同士が擦れるため棒は必要なし。「むしろ大物を洗えるメリットがあるくらいだ」と話す。ブラジルでの洗濯機普及率は5割程度とみられ、まだまだ需要がある。工場の所有地は余剰があり、17万平米のうち使用率はまだ5割ほどだそうだ。ソニーはPC事業売却へ向け動き出し、NECなどはブラジルでの地位も停滞気味。苦しむ電機メーカーの中で成功例となるか。

     ◎

 液晶テレビは驚愕の「8K時代」へ? フルハイビジョン(HD)という高画質テレビがお茶の間を楽しませているが、近年はその上の画質を提供する、4Kテレビが生産されている。「3Dに見えるほどの高画質」がウリだが、さらに上を行く「8K」テレビの開発も進められているという。6月のW杯では、試験的に8Kを導入する日本のテレビ局があるようで、テレビ事業も展開するパナソニック関係者も、「4K用に撮影するのも大変なのに、8Kなんて」と驚く代物。臨場感が高まるのはありがたいが、進化のスピードについていけない消費者も多いのでは。

     ◎

 JF兵庫漁連によれば、東南アジアでは海苔をスナックとして食べるのが人気とか。中国産海苔を仕入れ現地で加工しているというが、ネットで調べてみるとトムヤンクン味の焼き海苔や、チリ、わさび味の揚げ海苔など多彩な商品が出回っているようだ。当地の食べ歩き用「天ぷら」のように、現地化した日本食の一種かも。編集部で試食した所中々好評だった。東南アジア発「海苔スナック」、当地でもはやるかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2010年10月5日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年10月5日付け  今回の統一選で当選した候補の中には、日系でなくとも日系社会とつながりの深い人達がいる。夫が日系で、南マ州議に当選した橋岡ジオネ氏、逆に夫人が日系のパウロ・テイシェイラ氏(PT、49)も13万4479票で連邦下議に再選された。また、 […]
  • 58年優勝=W杯元主将ベリーニ死去=「トロフィー挙げ」の元祖2014年3月22日 58年優勝=W杯元主将ベリーニ死去=「トロフィー挙げ」の元祖 ニッケイ新聞 2014年3月22日 ブラジル代表(セレソン)がサッカーのワールドカップで初優勝を飾った1958年に主将をつとめたベリーニ(本名イルデラウド・ルイス・ベリーニ)が20日、入院先のサンパウロ市の病院で死去した。享年83。21日付伯字紙が報じている。 1930年にサ […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]
  • 復興する福島を海外に伝える=移住者子弟の受入研修=(5)=無念の想いから震災を語り次ぐ2020年2月22日 復興する福島を海外に伝える=移住者子弟の受入研修=(5)=無念の想いから震災を語り次ぐ  「あの時、どうしてすぐ逃げなかったんだろうって…。9年経った今も心に残ってるんです」。相馬市伝承鎮魂祈念館で、語り部の五十嵐ひで子さん(72)が、そう後悔の念を口にしたのを聞き、胸が痛くなった。  穏やかで広々とした海が見える場所で、バスが止まった。少し歩くと『相馬市東 […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]