ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月27日

 三輪大使は昨年6月のコンフェデ杯も印象に残っている様子。レシフェでのイタリア戦で、スタジアム全体が日本に声援を送った状況を引き合いに出し、「いかにもブラジルらしい。日伯の友好関係を確認できた場面の一つ」と語り、「日本が好きなブラジル人がいかに多いか、中継を通して気付いたのでは。その背景には移民の歴史があってこそ」と続けた。後任の梅田氏はW杯、リオ五輪と貴重な期間を過ごすだろう。ただ、日本人渡航者の治安状況にも気を遣いそうだが。

     ◎

 県の名産品・海苔の輸出に取り組む兵庫県。同県人会も、サンプルを配布したり販売して反響をみたりと後方支援。「やっぱり海苔は日本製が一番!」という方は、3月1、15日に宮城県人会(Rua Fagundes, 152)で開かれる「青葉祭り」で焼き海苔が手に入る。1袋10枚入りで18レアル、2袋では35レで販売される。問い合わせは同県人会(11・3207・0025)まで。

     ◎

 編集部に読者から「ベラヴィスタ区での詐欺に注意」と電話があった。40代の娘さんが目をつけられたとのこと。今週月曜日、ペドローゾにある『ポン・デ・アスーカル』で30歳前後の身なりも立派で紳士然とした日系二世が話しかけてきた。「空港からのタクシーで強盗に全てを盗られた。日本に帰らなくてはいけないのでチケット代を貸してほしい」と約2時間しつこくつきまとわれたようだ。日本語もまじえて話すよう。読者のみなさん、ご注意を!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第19回県連日本祭り=テーマは「スポーツと健康」=柔道家による披露や足湯体験まで=改良工事で出入口渋滞解消2016年6月30日 第19回県連日本祭り=テーマは「スポーツと健康」=柔道家による披露や足湯体験まで=改良工事で出入口渋滞解消  恒例の『第19回日本祭り』開催まで、わずか2週間に迫った。来月8日から3日間、サンパウロ市のサンパウロ・エキスポセンター(Rodovia dos Imigrantes, km 1,5, […]
  • 大耳小耳2014年8月16日 大耳小耳  部長会シンポの案内に訪れた商議所の二人は、今冬のW杯について「恩恵は部会によってかなり差がある。試合に合わせ操業を停止するなど、冷え込んだ業種の方が多いのでは」と漏らす。また安倍晋三首相来伯では、日本経済界から200人以上を集めてセミナーを行なったが、平田事務局長によれば […]
  • 大耳小耳2013年10月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年10月12日  仏心寺婦人部ボランティアの中には20歳代とみられる若年男性の姿も。尋ねると座禅の会のメンバーだという。毎週水、土曜の18時から行っており、性別、年齢、職業様々で4、50人の参加がある。「座禅は40分を2回行い、その間には人生相談のような時 […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催2017年12月6日 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)の青年会(タマリ・シンジ会長)が2日午後、サンパウロ市の宮崎県人会館で「日本のサッカーと2020年東京五輪」講演会を開催した。青年会のアドバイザー、有山良治さん(45、二世)らに青年会活動について取材した。  同講演会の講演者は3人 […]