ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 熱狂的なサポーターで有名な伯国のサッカーチーム・コリンチャンスが大阪府貝塚市にアカデミーを設立する構想を進めていると読売新聞が報じた。伯国、米国に続きアジア地域にもアカデミーを開設しようとしていた同チームと病院や学校などの跡地約37ヘクタールの利用者を探していた同市の思惑が一致。2017年度中にも練習場や生徒寮などを整備する計画だという。
     ◎
 既に日本ではクルゼイロやサントスがアカデミーを開設している。アカデミーでは本来、選手の養成が目的となるが、習い事文化のある日本でアカデミーを開くと金が儲かるからやっているだけという話しも聞く。果たして日本のアカデミー出身者が当地で活躍する日は来るのか。
     ◎
 今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台は山口県萩。大河ドラマを利用した町おこしは、日本では珍しくないが、当地の山口県人会もこの機を逃さず、歴史座談会などを催し、県人会おこしを計画しているそう。昨年安倍首相の県人会館訪問で話題をさらった同県人会。今年もその活動に注目。

image_print

こちらの記事もどうぞ