ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年3月26日

 6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で29位、レシフェは36・82人で39位だ。〃平和ボケ〃した観光客が狙われても何の不思議もない▼同リスト50位までの中で、国別ではブラジルが16都市を占め最多だ。2番目がメキシコで9市、要はラ米が圧倒的に多く、それ以外はたった8市(米国5市、南ア3市)しかない。つまり世界で最も治安が悪い都市は中南米に集中しており、ブラジルが一番多い▼ちなみに世界一危険な都市はホンジュラスのサンペドロ・スーラ市で10万人当り169人が殺されている。国単位で見ると米国は4・7人であり、前市より36倍も殺人事件が少ない。日本(0・35人)に至っては483倍も少ない。ちなみに開催地ナタウは日本より165倍も危ない▼ブラジルで最も危険な都市は世界5位のマセイオで79・76人、…さすがに開催地ではない。開催地で最も危険なのはフォルタレーザ(世界7位)の72・81人で、23日のTV番組「ファンタスチコ」によればフォルタレーザ市のあるセアラー州全体では5万8千人もの逃亡犯がおり、なんと、うち1万1千人が殺人容疑だ。いわば殺人犯が野放し状態だ▼W杯の12会場で50位以内にないのはサンパウロ市、リオ市、ポルト・アレグレ市のみ。とはいえ大概の町には日系人が住んでいるから、治安だけで住み心地は論じられない。でも重要な要素であることも間違いない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■記者の目■W杯=資金に悩む開催都市文協=〃オール日系〃の支援を2014年2月18日 ■記者の目■W杯=資金に悩む開催都市文協=〃オール日系〃の支援を ニッケイ新聞 2014年2月18日 短期間に最低でも5千人(=第一次販売時に日本に割り当てられたW杯のチケット数)もの日本人が当地を訪れる大イベントは珍しい。しかも日本代表のグループ戦試合会場となるのはレシフェ、ナタル、クイアバという地方都市だ。特に殺人事件の発生率の高いレシ […]
  • ヴァルケ氏がクイアバ視察=競技場の観客席は未設置=インフラ工事44件が進行中2014年4月24日 ヴァルケ氏がクイアバ視察=競技場の観客席は未設置=インフラ工事44件が進行中 ニッケイ新聞 2014年4月24日  イタケロン競技場を訪れた22日に引き続き、FIFAのジェローム・ヴァルケ事務局長は23日、開催地の一つであるマット・グロッソ州クイアバ市を訪れ、W杯に向けた工事の進行状況を視察した。 クイアバでは大会に向けて計画された56件の工事のうち12 […]
  • コラム オーリャ!2014年4月18日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年4月18日  パナソニックがW杯のクイアバ会場に、液晶スクリーンなどを納入した。中継を通して、パナ社のロゴが日本のお茶の間にも届けられるかと思えば、そうはならないらしい。 広報担当者によれば、「大会期間中はロゴマークを隠す必要がある」とか。公式スポンサー […]
  • 90分で5万7千枚完売=リオ、サンパウロ市が最も人気18日から引取り所開設2014年4月16日 90分で5万7千枚完売=リオ、サンパウロ市が最も人気18日から引取り所開設 ニッケイ新聞 2014年4月16日  6月12日に開幕するW杯チケットの最終販売が15日午前7時(ブラジリア時間)からFIFAのサイトで開始された。FIFAの公式ツイッター情報によれば、わずか90分で5万7695枚、4時間後には全体の63%に当たる12万6837枚が売れた。 こ […]
  • リオでの五輪セミナーに出席した(左から)在リオ総領事館の高瀬総領事、五輪委のシウチーニ氏、パナ社の村上社長、品田副社長(写真はパナソニック提供)2014年4月15日 パナソニック=W杯クイアバ会場に液晶大画面=防犯カメラ330台も納入=リオでは五輪セミナー開催 ニッケイ新聞 2014年4月15日  パナソニック・ド・ブラジル(村上廣高社長)は2日、W杯で日本代表が使用するマット・グロッソ州都クイアバ市の「アレーナ・パンタナール」への機材搬入作業を終えた。277・4平方メートルの巨大液晶スクリーンをはじめとする映像機器類、防犯用の監視 […]