ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年3月26日

 6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で29位、レシフェは36・82人で39位だ。〃平和ボケ〃した観光客が狙われても何の不思議もない▼同リスト50位までの中で、国別ではブラジルが16都市を占め最多だ。2番目がメキシコで9市、要はラ米が圧倒的に多く、それ以外はたった8市(米国5市、南ア3市)しかない。つまり世界で最も治安が悪い都市は中南米に集中しており、ブラジルが一番多い▼ちなみに世界一危険な都市はホンジュラスのサンペドロ・スーラ市で10万人当り169人が殺されている。国単位で見ると米国は4・7人であり、前市より36倍も殺人事件が少ない。日本(0・35人)に至っては483倍も少ない。ちなみに開催地ナタウは日本より165倍も危ない▼ブラジルで最も危険な都市は世界5位のマセイオで79・76人、…さすがに開催地ではない。開催地で最も危険なのはフォルタレーザ(世界7位)の72・81人で、23日のTV番組「ファンタスチコ」によればフォルタレーザ市のあるセアラー州全体では5万8千人もの逃亡犯がおり、なんと、うち1万1千人が殺人容疑だ。いわば殺人犯が野放し状態だ▼W杯の12会場で50位以内にないのはサンパウロ市、リオ市、ポルト・アレグレ市のみ。とはいえ大概の町には日系人が住んでいるから、治安だけで住み心地は論じられない。でも重要な要素であることも間違いない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リンチ被害者の約8%が無実2014年5月21日 リンチ被害者の約8%が無実  「この60年間で100万人近くのブラジル人が私刑(リンチ)やその試みに参加した」とUSPの社会学者ジョゼ・デ・ソウザ・マルチンス教授は11日付エスタード紙で警告した。英国ケンブリッジ大学でも教えた高名な学者だ▼グアルジャで主婦が黒魔術師と間違えられてリンチ殺人された事件は […]
  • 7対1から得た最大の教訓2014年7月16日 7対1から得た最大の教訓  W杯準決勝ドイツ戦「7対1」の屈辱的結果を巡って激論が交わされているが、法律家ルイス・フラヴィオ・ゴメス氏の一文に最もハッとさせられた。いわく《グラウンド内でドイツに7対1で負け、天が我々の頭上で砕けたかのように嘆くが、グラウンド外(生活水準、競争能力)ではもっと恥ずべき […]
  • ■記者の目■W杯=資金に悩む開催都市文協=〃オール日系〃の支援を2014年2月18日 ■記者の目■W杯=資金に悩む開催都市文協=〃オール日系〃の支援を ニッケイ新聞 2014年2月18日 短期間に最低でも5千人(=第一次販売時に日本に割り当てられたW杯のチケット数)もの日本人が当地を訪れる大イベントは珍しい。しかも日本代表のグループ戦試合会場となるのはレシフェ、ナタル、クイアバという地方都市だ。特に殺人事件の発生率の高いレシ […]
  • 大耳小耳2014年1月9日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月9日  本面トップで報じたエクアドル、グアヤキルでの邦人強盗殺人事件。共同通信のほか、多くのメディアで大々的に取り上げられ、日本でも大きな話題となっているが、本紙エクアドル通信員やその周辺の日本人は「こんな悪質な事件は滅多にない。この一件でエクアド […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]