ホーム | 日系社会ニュース | 県連の新会長に本橋氏=来年予算、277万計上

県連の新会長に本橋氏=来年予算、277万計上

ニッケイ新聞 2014年4月1日

新県連執行部

新県連執行部

ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)の定期総会が27日、県連会議室であり、各県人会代表者約70人が出席した。役員改選では単一シャッパが承認され、新会長に本橋幹久氏(78、鳥取)の就任が決まった。
就任挨拶で同氏は「会長職を引き受けることに躊躇もあったが、誠心誠意やる」と述べ、ケネディ元米大統領の演説を引用し、「何をしてくれるかではなく、県連の為に何が出来るのかを考え、一緒に取り組もう」と呼びかけた。
3年間会長を務めた園田氏は「パラグアイ移民の私が日系社会の要職につけたのも、与儀前会長から引き継いだ懸念材料を乗り越えられたのも、皆さんの多大な協力があったおかげ」と述べ、「予想もしない問題に遭遇しても団結で乗り越え、県人会のための連合会として、奉仕精神の継続とリーダー的団体として繁栄することを願う」と次期執行部にエールを送った。
2013年度の決算報告では249万1427レアルに対し総支出は253万1434レで、4万0レアルの赤字。14年度の予算案の収支は277万3460レが承認された。

 新執行部は次の通り(敬称略)。会長=本橋幹久、副会長=坂本アウグスト進(栃木)、高野ジョルジ(山梨)、杉本教雄 (静岡)、市川利雄(富山)、山田康夫(滋賀)、原島義弘(千葉)、木原好規(和歌山)、第1会計=南アゴスチンニョ俊男(福岡)、第2同=田呂丸哲次 (熊本)、第3同=千田曠曉(岩手)、第1書記=川合昭(秋田)、第2同=玉城道子(青森)、第3同杉山エレーナ(京都)。
正監査=大西博巳(広島)、監査補=尾西貞夫(兵庫)、小渕民雄(群馬)、田場ジョルジ(沖縄)

image_print

こちらの記事もどうぞ