ホーム | 日系社会ニュース | 元旦、文協新年会に400人=五輪通じたスポーツ親善も期待=「新たな一歩を踏み出す年」
5団体代表と中前総領事が壇上で乾杯
5団体代表と中前総領事が壇上で乾杯

元旦、文協新年会に400人=五輪通じたスポーツ親善も期待=「新たな一歩を踏み出す年」

 ブラジル日本文化福祉協会、援協、県連、商議所、アリアンサが共催した『2015年新年祝賀会』が、文協ビル大講堂で1日午前に行われ、約400人が集まって新年を祝った。主催団体ほか各県人会、JICA、国際交流基金などから代表者が出席。五輪という世界最大のイベントがリオで開催され、コロニアでも「県連50周年」という節目を迎える2016年に向け、各代表から新年の抱負が述べられた。

 昨年4月に初の女性文協会長として就任、新たな年を迎えた文協・呉屋春美会長は、〝申〟という漢字は樹木の果物が熟して固まっていく様子も表していると説明し、「実りに向かって成長するという意味でも、今年は大きな通過点を迎えることになる」と挨拶。
 さらに「日系社会は時代とともに変化してきた一方で、一貫する極めて日本的な要素や傾向を示す面もあり、時代に順応、また成長するためにも、今年はその力を養う機会であることを強く信じる」と語った。
 また同じく昨年就任した中前隆博在聖総領事は、日伯外交120周年、文協60周年等を迎え、日系団体による様々な行事が行われた2015年を振り返り、「日系人の存在が日伯関係の親善の礎になっていることを実感した」と話した。
 「今年は新たな一歩を踏み出す年だ」と力強く語り、8月のリオ五輪、さらに4年後の東京五輪がきっかけとなり「スポーツを通した日伯の交流が生まれることを期待している」とした。
 その後は50周記念式典を控える県連の本橋幹久会長が先頭に立ち、「日伯の親善を祈念して」と万歳三唱を行い、別ホールに移動。文協コーラス部の合唱の後、援協・菊地義治会長の音頭で乾杯を行った。参加者はそれぞれに挨拶と来年に向けた抱負を語り合い、新たな年に向けたスタートを切った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連代表者会議=第20回は支出360万レに=日本祭り、再び赤字見込み2016年9月17日 県連代表者会議=第20回は支出360万レに=日本祭り、再び赤字見込み  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の8月度代表者会議が、先月25日に文協ビル内の県連会議室で行なわれた。次回の日本祭りについて予算を発表したほか、創立50周年式典やリオ訪問ツアーについて報告がなされた。  県連創立50周年式典を8月7日に終えた県連。山田会長は「 […]
  • 広島、長崎に平和の誓い=6、7日に原爆死没者追悼=若者呼びいれ、映画上映2016年8月12日 広島、長崎に平和の誓い=6、7日に原爆死没者追悼=若者呼びいれ、映画上映  リオ五輪開会式から一夜明けた6日、ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)は、例年よりも規模を拡大して「広島原爆死没者追悼法要」を行った。またその翌日7日午前8時からは、ブラジル被爆者平和協会(森田隆会長)と長崎県人会(川添博会長)が聖市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教 […]
  • 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯2016年8月27日 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯  【イタグァイー発】リオ五輪に出場する柔道女子78キロ級の梅木真美選手(21、大分)を応援するため、故郷の九重町から親族や坂本和昭町長ら、11人の応援団が現地に駆けつけた。13日深夜の帰国便を前に、リオ州リオ市郊外のイタグァイーで歓迎会が行なわれた。  発案は梅木選手の遠戚に […]
  • 前代未聞、人力車で世界一周?!=リオ五輪から観客輸送を開始=夢と人を乗せ4年後に東京へ2016年6月10日 前代未聞、人力車で世界一周?!=リオ五輪から観客輸送を開始=夢と人を乗せ4年後に東京へ  ブラジル埼玉県人会に2日、日本からびっくり仰天の一大企画が舞い込んだ。その名も「2020年東京五輪プロジェクト『俥夫(しゃふ)の世界一周の挑戦』」。発案は東京・浅草で観光人力車を引く田中喬祐さん(23、埼玉県)で、リオから東京へ文字通り人力車で世界を一周するというもの。リオ五 […]
  • 「郷土の選手を応援しよう!」=五輪観戦会の企画を募集2016年7月26日 「郷土の選手を応援しよう!」=五輪観戦会の企画を募集  来月5日に開幕する南米発のリオ五輪――大会を盛り上げのために、コロニアでもあちこちで観戦会や応援イベントが企画されているようだが、編集部にはまだ聞こえてこない。 郷土の選手を応援する県人会や、日系のスポーツクラブ、その他の日系団体などがあれば、ぜひニッケイ新聞編集部まで連絡を […]