ホーム | 日系社会ニュース | 掛け橋協会が医療フォーラム=記念誌編纂を目的に、5日

掛け橋協会が医療フォーラム=記念誌編纂を目的に、5日

ニッケイ新聞 2014年4月2日

 日伯修好通商航海条約締結120周年の記念誌作成を進める「日伯友好掛け橋協会」(中沢宏一会長)は5日午後2時から、宮城県人会で「第2回フォーラム」を行う。医療関係者数人を招き、医療分野での日伯交流の軌跡を確認する。日ポ両語対応。
サンパウロ州立カンピーナス大学(UNICAMP)の教授を務める山中アデマール内科医は、1983年から4年間千葉大学へ留学し、消化器の博士号を取得。内視鏡研究を行うUNICAMP・富山大学間の医療提携事業などを語る。
母のたつみさんが戦時中、満州で看護士を務めた経歴や、1957年の移住後生活を振り返る。
サンタクルス病院などに所属する橋本クラウジオ医師は、同院の歴史や日伯関係などを紹介する。創立時の所属医師や看護士名簿など、当時を懐古する資料も展示するという。
掛け橋協会から宮村秀光副会長兼編集長と、日本語の編纂に携わる野口博史さんが来社し、「医療分野での日伯友好関係を確認する良い機会」と一般参加を募った。
1月31日には第1弾として、NEC関係者による「通信事業の近代化」をテーマに意見交換会を行った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • 集まった元NEC関係者ら2014年2月7日 掛け橋協会、初会合開く=NEC関係者が往時語る ニッケイ新聞 2014年2月7日 2013年の戦後移住60周年と、15年の修好通商航海条約120周年の記念誌作成に向け、「日伯友好掛け橋協会」(中沢宏一会長)が先月31日午後3時から、宮城県人会館で意見交換会を行った。第1弾としてNEC・ド・ブラジルの元技術者ら約30人が、 […]
  • 大耳小耳2013年8月31日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年8月21日  先週末に行なわれた「岩手県人会の創立55周年記念式典」。時間短縮のためか、通訳はなかった。しかし最後に4人の日系議員がそろってポ語で長々とあいさつ。「日本からきた慶祝団の方は理解できないのに…」と思っていると、壇上で福嶌教輝・在サンパウロ総 […]
  • ■今週末の催し2013年8月31日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2013年8月22日  土曜日(24日)  高知県人会60周年記念式典、午前10時、同会館(Rua dos Miranhas, 196, Pinheiros)      ◎  土佐祭り、終日、サンパウロ市アグア・ブランカ公園(Av. […]
  • 大耳小耳2013年4月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年4月25日 […]