ホーム | 日系社会ニュース | 国費留学生が日本へ出発=総領事館で歓迎会

国費留学生が日本へ出発=総領事館で歓迎会

ニッケイ新聞 2014年4月12日

 在サンパウロ日本国総領事館(福嶌教輝総領事)が先月19日午後5時から、同館多目的ホールで「2014年国費留学生歓送会」を行った。学部5人、専修1人、研究13人の計19人の留学生が今月渡日し、1~5年間日本の大学で学ぶ。

佐野浩明首席領事や鈴木暁領事、サンパウロ総合大学(USP)の山根英太郎教授や元留学生らも出席し、留学生にエール送った。

USP日本語科卒のジュリア・トッフォリ・デ・オリビエラ・フラゴソ・セザールさん(28)は、「日本語学習者の評価法・ポートフォリア方式」研究のため一橋大学へ通う。

子供の頃から漫画などで日本文化に触れ、高校生の頃に「原本を読みたい」という思いから日語学習を始めた。2007年からは日伯文化連盟で日本語教師をつとめる。

今回で5回目の訪日。「より良い日本語学習の方法を研究したい。積極的に日本式の生活に溶け込み、長期滞在でしか知り得ない日本文化を吸収したい」と意気込んだ。

佐野主席は「今回の留学生は皆、学力も筆記や会話のレベルも高い」と賞賛し、「サンパウロから応募者が多いのは、日系社会への信頼が日本への期待に繋がっているから」と述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市2016年11月22日 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)が6日、恒例の『春の古本市』を文協ビル展示室で開催した。ボランティアと委員会メンバー約45人が協力し、日本語の文学書や雑誌、漫画、辞書や専門書など約1万冊を2~10レという格安価格で販売した。  開場する午前9時前からすでに4、50人 […]
  • 日本語祭り=作品コンクールで669人が受賞=メダル受け取りニッコリ=85校から2万人が参加2011年10月12日 日本語祭り=作品コンクールで669人が受賞=メダル受け取りニッコリ=85校から2万人が参加 ニッケイ新聞 2011年10月12日付け […]
  • 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君2016年1月30日 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君  子供に早期外国語教育を施したい両親にとり、サンパウロ市は様々な選択肢のある街だ。日本語、スウェーデン語、オランダ語までも学ぶ事ができる。 サンパウロ市中央にあり、幼稚園から高校までの一貫教育を行っているサンベント校は、児童、生徒の2割が中華系であるため、外国人の生徒のためのポ […]
  • 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」2016年1月30日 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」  「かるたは日本語学習にも有効です!」。先日の講習会に来伯した専門家がそうアピールした。「百人一首は、ひらがなさえ読めれば誰でもできるから」というのが理由らしい。 とは言っても和歌は古文。内容を理解するのは難しい。一見敷居が高そうだが、セミナーを取材して少し納得した。字面で文字 […]