fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 90分で5万7千枚完売=リオ、サンパウロ市が最も人気18日から引取り所開設

こちらの記事もどうぞ

  • 開催地のデング熱下火に=昨年より増加の2都市も=観光客の罹患率はわずか2014年6月14日 開催地のデング熱下火に=昨年より増加の2都市も=観光客の罹患率はわずか  G1が行った調査によると、W杯開催12市中10市では、5月末までにデング熱のピークは超えたようだと11日付G1サイトが報じた。 「気温や湿度が高いと発生が続く可能性はあるが、ピークは過ぎた」というのは、サンパウロ総合大学(USP)とサンパウロ連邦大学で教鞭をとるマルセロ・ […]
  • W杯=宿泊予約数は12都市で24万に=人気はリオ、ナタル、クイアバ2014年5月1日 W杯=宿泊予約数は12都市で24万に=人気はリオ、ナタル、クイアバ W杯開催期間中は約60万人の外国人観光客がブラジルを訪れると見込まれる中、FOHB(ブラジルホテル業者フォーラム)によれば、開催12都市全体で試合日とその前日に予約された部屋の数は4月末までに24万に達したという。最も多いのはリオで、以下、日本代表も試合を行うナタル、クイアバと […]
  • 最高評価の空港はナタル=15空港での調査結果出る2014年4月29日 最高評価の空港はナタル=15空港での調査結果出る 民間空港システムが、2014年第1四半期の主要空港の評価結果を28日に発表した。 調査の対象となったのは、サッカーW杯開催12都市の空港(リオデジャネイロ市は2空港、サンパウロ市はコンゴーニャス空港とグアルーリョス市のクンビッカ空港の2空港が対象)とサンパウロ州カンピーナス市の […]
  • W杯=観戦客向け宿泊料金低下=リオでは52%も値下がり2014年4月24日 W杯=観戦客向け宿泊料金低下=リオでは52%も値下がり ニッケイ新聞 2014年4月24日  W杯開幕まで50日を切ったが、世界40カ国のホテルの料金を比較するサイト「Trivago」によると、4月に入ってからの試合開催地のホテルの料金は、年頭より軒並み値下がりしているという。 例えば、7月13日に決勝戦が行われるリオデジャネイロ市 […]
  • W杯で1万6千便増発=開催都市に観客を運ぶため2014年3月13日 W杯で1万6千便増発=開催都市に観客を運ぶため ニッケイ新聞 2014年3月13日  6月12日から始まるW杯観戦者を運ぶため、アズル、アヴィアンカ、Gol、TAMの航空4社が6月13日~7月14日間に総計1万6116便を増発すると12日付伯字紙が報じた。この増便により、開催12都市の空港の発着数は31・2%、座席数は9・ […]