ホーム | 日系社会ニュース | 梅田邦夫大使=総理来伯の年内実現に尽力=「こんな国は他にない」=W杯に向け意気込み語る

梅田邦夫大使=総理来伯の年内実現に尽力=「こんな国は他にない」=W杯に向け意気込み語る

ニッケイ新聞 2014年4月16日

梅田邦夫大使

梅田邦夫大使

 在ブラジル特命全権大使に先月就任した梅田邦夫氏(60、大阪)が10日に来社し、W杯や日伯修好120周年に向けた思いを語った。

学生時代からサッカーが大好きで、日本サッカー協会の国際委員も務める。W杯を目前とした当地就任は、本人たっての希望だったという。息子が所属するサッカーチームのコーチも務めていた関係で、サッカー解説者のセルジオ越後(サンパウロ市出身)に指導に来てもらうなど懇意の仲という。
「Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)ができて、サッカーの虫がうずきだした。僕が来て一番喜んでいるのはサッカー関係者だ」と語る。
W杯を控えた現在の関心事は、「日本代表のベスト8入り」「日本人サポーターの安全確保」「日本のサッカーにブラジルが貢献したと当地に知らせること」の3点。
試合開催地の日系人と協力し、会場に地元(ホーム)のような雰囲気を作って選手を激励し、日本人サポーターの安全性の確保にも努めたいという。すでに現地日系社会が応援グッズを作ったり、日本語がわかる医者を確保したりと率先して動いており、「こんな国はほかにない。サッカー協会の幹部も非常に感謝している」と謝意を述べた。
日伯修好120周年に向けては、「今年にも首脳レベルでの往来を実現したい」とコメント。W杯、リオ五輪という好機も利用し、日本移民や日系人が当地で築いた信用や親日感情などの恩恵を、新来日本人が享受していることを日本に伝え、両国の関係強化につなげたいとしている。
また、関係強化の一つの側面として「若いうちに海外を体験するべき。若者の交流をもっと活性化させたい」と日伯交流にも意欲を見せたほか、中小企業の海外展開などビジネス面においても交流強化の必要性を強調した。
78年に京大法卒、外務省に入省。アジア大洋州局参事官、中国公使、南部アジア部長、国際協力局長等を経て当地に就任。南米での職務は、18年前にペルーのリマで起きた日本国大使公邸襲撃事件後、大使館再建に関わって以来だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • あいさつする梅田大使2014年4月12日 サンパウロ市で梅田邦夫大使歓迎会=ブラジルのJリーグ貢献に感謝 ニッケイ新聞 2014年4月12日 ブラジル日本文化福祉協会など34日系団体が「梅田邦夫日本国特命全権大使歓迎会」を10日午後7時半、同文協ビルで行った。各団体の代表ら約150人が集まり、2週間前に到着したばかりの梅田大使の着任を祝った。 梅田大使は挨拶で「以前からブラジルで […]
  • 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝2016年10月1日 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝  ブラジル離任が発表された梅田邦夫特命全権大使が先月29日、サンパウロ市にある本紙編集部へあいさつに訪れた。2014年3月の着任から2年7カ月。話題の多かった任期中を「激動の時代」と振り返りつつ、「たくさんのご支援を頂いた」と日系社会に対し感謝を伝えた。  サッカーW […]
  • 06年パラグアイ訪問時に老移民から話をお聞きなる秋篠宮殿下2015年5月26日 外交120周年=秋篠宮ご夫妻10月来伯か=日本で報道、2週間もご滞在=皇室の全伯行脚に期待の声=大使館「依然、調整中」  外交樹立120周年を迎えた今年、皇室来伯への期待が日系社会で高まる中、NHKはニュースや電子版(25日午前4時6分)で、「秋篠宮ご夫妻 この秋ブラジル公式訪問へ」との見出しで報道した。それによれば、同ご夫妻は全体で2週間の滞在でブラジル各地を訪問するという。 […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 日本祭り「お疲れさま!」2014年7月9日 日本祭り「お疲れさま!」  県連日本祭りの裏方で働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。特に各県人会の婦人部の皆さんはこの数日間、家庭のことは二の次で働きづめだった▼弊社と静岡新聞が主催した富士山写真展にも多くの観覧者が訪れ、「涙が出ました」「こんな富士山初めて見ました」と感想を述べ […]