ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年4月23日

 ブラジルでも〃ガボ〃の愛称で親しまれた文豪ガブリエル・ガルシア・マルケス氏の死に対し、ブラジルの有名人も次々と追悼の辞を捧げている。ジウマ大統領は「彼は子供に新しい世界を紹介するように読者を架空都市マコンドへと誘った」とし、ルーラ前大統領はマリーザ夫人と連名で「民主主義のために戦った偉大な南米人」と称した。また人気作家のルイス・フェルナンド・ヴェリッシモ氏は「〃南米〃という範疇で語られることが多いが、国際的に見て偉大な作家だ」と語り、元文化相の歌手ジルベルト・ジル氏は「人は、そこに上る過程こそが最も幸せなことに気づかずに頂上が幸せだと感じる」とのガボの一説を弔辞とした。

4連休も終わったばかりだが、サンパウロ州アチバイアのホテル「カント・デ・ファッチマ」では、スイートルームに「馬と過ごす間」を導入し、これが大人気なのだという。これはスイートの中に馬小屋を併設するもので、値段は1060レアルとかなり高いものだが、支配人によると、部屋の空き待ちに2カ月もかかるほどの大人気だとか。このサービスは3月にはじまったばかりだというから、4連休中にこの間に宿泊できた人はかなり幸運だったのか。

サッカー全国選手権の第1節は19日から開幕し、サンパウロ州4強はいずれも20日に開幕試合を行なった。サンパウロは3―0でボタフォゴに圧勝し、パルメイラスは2―1の逆転でクリシューマに勝利したが、サントスはスポルチに1―1で、コリンチャンスは0―0でアトレチコ・ミネイロに引き分けた。第2節は今週末に行なわれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2016年4月9日 東西南北  国際オリンピック連盟ギリシャ支部は8日、オリンピックの聖地アテネで21日に行われる予定の聖火点灯式にジウマ大統領が出席できないと発表した。現在、下院ではジウマ大統領の罷免に向けた動きが進んでおり、実施が避けられないと見られている本会議での投票は17日。この日の会議で罷免審議継 […]
  • 東西南北2016年2月2日 東西南北  第22次ラヴァ・ジャット作戦以降、ルーラ前大統領に関する報道が過熱の様相を見せつつある。既にラヴァ・ジャット作戦が動きはじめたグアルジャー三層高級住宅のOAS改修供与問題の一方で、まだ事件には発展していないもののアチバイア別荘がオデブレヒトと共に騒がれはじめた。それに加えて、 […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]