ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(145)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(145)

小川羅衆より百年以上ベテランの村山羅衆が、
《これは、めったにない霊象で、ジョージ殿の脳波と我々の霊波が合ったのであろう。昔は大きなズレでも調整出来たが、今の俗界にはロジオ、テロビ、最近になって携帯通話器なる厄介な物が氾濫し、いろんな波が飛び交い、霊波と混信しおって、それに、下手に調整しようとすれば薄類野愚裸火(ポルノグラヒー)と云う興味深い画像まで現れてくる始末だ》
《ジョージは元メアカシですから、めあかしだったあっしと合った波を持っているのでしょう》
《ジョージ殿はたくさんの時代劇映画を見ておられたので我々の意目事(イメージ)を豊かに想像する事が出来たのじゃ。こんな好条件が揃ったお方は滅多に居られぬ。我々にとって貴重なお方だ》
《ジョージ、村山羅衆は霊界でも指折りの有識者なんだ》
「インテリ幽霊なんて、いい加減にしてくれ! それに、俺が幽霊とピッタリだなんてやめてくれ! 悪いが、森口を一人で・・・」
《地蔵さんが、我々も協力しろと・・・、是非、ご一緒させてくれぬか》
「協力はいいが、足手まといにならないように、それに、サムライ時代の言葉はやめてくれ」
《現代の人間社会のリズム;律跳にはかなわぬが、なんとかしましょうぞ》
個室の中では、外の重厚で上品な造りに比べると、極端に下品な内装と派手な色合いの照明、それに照らし出された安っぽいベッド、その影響で下品に見える半裸の女が、
「(早くドアを開けてよ!)」
「うるせえ! 黙れ!この~」言葉は分からないが、嫌悪な様相で怒鳴った森口に恐れを感じ女は黙りこんだ。
小川、村山羅衆は
《じゃー、拙者等は》壊れた鍵穴から森口の部屋へ侵入した。
「(アレマン! ドアをぶっ壊せ)」
ジョージの指示でアレマンはドアから一歩さがると、勢いをつけてドアを蹴った。
『バッーン』見かけだけの粗雑な急工事を象徴してドアは枠ごとふっ飛んだ。中の森口もドアと一緒に突き飛ばされ、倒れながらも枕の下の拳銃を掴み、咄嗟に半裸の女を左手で引き寄せた。
「変な真似すると女を殺すぞ。前を開けろ!」
「そんなカスはどうでもいい、手を上げて出てくるんだ」
「前を開けろ!そうしないとこの女を撃ち殺すぞ!」
《観念しろ、出てこねーか》
突如、森口は怯まないジョージめがけて女を突き放し、乱射しながら飛び出した。
ジョージは得意の三連発を発射しようとしたが、小川羅衆が前にいる事で躊躇してしまった。
新米刑事のアレマンとペドロは身を丸く縮めるのが精一杯であった。
森口はそのまま廊下を突破、玄関口に出た。丁度入ってきた車の運転席に向かって二発撃ち込むと、血に染まった男が転げ落ちた。その車を奪いタイヤを鳴らして急発進した。
ジョージも次に入って来た車に銃を向け、その車を奪って二十メートル遅れて後を追った。
続いて、ジョージの愛車に飛び乗ったアレマンとペドロはブレーキランプを激しく点滅しながら走るジョージ運転の車を追跡したが、途中で見失ってしまった。
ジョージ運転の車が突然止まった。
助手席にいつの間にか乗り込んでいた村山羅衆が、
《おぬし、どうしたのじゃ?》
「盗難通知を受けた保険会社がGPS指令でエンジンを切ったようだ」
ジョージは中央車線に止まった車を放置して中央歩道に降り、携帯で、
「(アレマン! コンジュント・ナショナル・ビル前の中央分離帯で待っている)」そう言った時、渋滞の十台ほど後ろの車のライトが二回点滅した。アレマンが運転するジョージの車であった。
車が目の前に来ると、ジョージはアレマンが譲った運転席に飛び乗った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]