ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 開催地のデング熱下火に=昨年より増加の2都市も=観光客の罹患率はわずか

こちらの記事もどうぞ

  • W杯=宿泊予約数は12都市で24万に=人気はリオ、ナタル、クイアバ2014年5月1日 W杯=宿泊予約数は12都市で24万に=人気はリオ、ナタル、クイアバ W杯開催期間中は約60万人の外国人観光客がブラジルを訪れると見込まれる中、FOHB(ブラジルホテル業者フォーラム)によれば、開催12都市全体で試合日とその前日に予約された部屋の数は4月末までに24万に達したという。最も多いのはリオで、以下、日本代表も試合を行うナタル、クイアバと […]
  • 最高評価の空港はナタル=15空港での調査結果出る2014年4月29日 最高評価の空港はナタル=15空港での調査結果出る 民間空港システムが、2014年第1四半期の主要空港の評価結果を28日に発表した。 調査の対象となったのは、サッカーW杯開催12都市の空港(リオデジャネイロ市は2空港、サンパウロ市はコンゴーニャス空港とグアルーリョス市のクンビッカ空港の2空港が対象)とサンパウロ州カンピーナス市の […]
  • 90分で5万7千枚完売=リオ、サンパウロ市が最も人気18日から引取り所開設2014年4月16日 90分で5万7千枚完売=リオ、サンパウロ市が最も人気18日から引取り所開設 ニッケイ新聞 2014年4月16日  6月12日に開幕するW杯チケットの最終販売が15日午前7時(ブラジリア時間)からFIFAのサイトで開始された。FIFAの公式ツイッター情報によれば、わずか90分で5万7695枚、4時間後には全体の63%に当たる12万6837枚が売れた。 こ […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙2020年6月27日 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙  ブラジル地理統計院(IBGE)が25日、エスピリトサント州ヴィトリア、サンタカタリーナ州フロリアノポリス、サンパウロ州カンピーナスの3市をメトロポリスに認定したと発表した。  メトロポリスとは、国や大きな地方における経済・文化の中心で、国際的な連携のハブとなるような […]