ホーム | W杯パッセ | パッセ 3=「ウッチー 走り抜け」

パッセ 3=「ウッチー 走り抜け」

 初めて立ったW杯のピッチからは、どんな景色が見えたのだろう。コートジボワール戦後、内田篤人選手(清水東高出)に聞いた。「11人対11人でボールは1つ。いつもと変わらなかった」。ドイツでの4年間があるから、今さら世界のレベルに驚くことはなかった。「自分は、こうした試合を日常の中でやれているんだなって」。特別な感情を抱かなかったことが、少しうれしそうだった。
 大会前、内田選手の母澄江さんからこんな話を聞いた。4年前、南アフリカの空港でのこと。帰国する自分を遠藤保仁選手の母ヤス子さんがぎゅっと抱きしめ、こう言ってくれたという。「篤人君を信じなさい。4年後も必ず篤人君が連れてきてくれるから」。遠藤選手も、8年前のドイツ大会はメンバーに選ばれながら1秒もピッチに立てなかった。
 先日の初戦。澄江さんはスタンドにいた。負傷から復帰した息子が代表に入っただけで十分だと思っていたのに、夢のピッチを駆けた。試合前から「涙がこぼれてきた」という。
 苦境に立つ日本の中で、調子の良さが目立つ内田選手に掛かる期待は大きい。多くの人の思いを背負った26歳は倒れるまで走り抜くと思う。(ブラジル・イトゥ=静岡新聞特派員・南部明宏)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び2020年9月5日 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は2日、代表(セレソン)選手に対する日当とゲームでの賞金(褒賞)を男女同額にすると発表した。3日付現地紙が報じている。  CBFのロジェリオ・カボクロ会長が2日の会見で明らかにした。それによると、CBFではすでに3月から、代表選手に対する日当 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止2020年8月27日 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止  サンパウロ市市役所は26日、セントロ地区にあるヴァレ・ド・アニャンガバウー再開発事業に関わる入札を中止すると発表した。  26日付現地紙サイトによると、入札中止の発表は、再開発後の運営を10年間担当する企業が発表されるはずの26日付官報に掲載された。  アニャンガ […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]