ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 W杯のため来伯した柴田名誉会長ら一行を現地で迎えたのは、アルモニア教育文化協会の本村マリオ事務局長。サンパウロ市内の同協会学生寮での宿泊や、試合会場での移動手段の確保に協力した。渡航者からは「マリオさんのおかげで危険な目にあわなかった」と感謝の声。ブラジルサッカーチームも百年以上存続するが、くしくも日系移民の歴史もほぼ同様。日伯間の結束の強さも示せたのでは。
     ◎
 W杯を機に、あちこちでブラジル関連イベントが開かれている。日本代表第2戦を控えた19日、茨城県常総市の市立水海道中学校では、日系ブラジル人生徒らが故郷を紹介する発表会を行った。茨城新聞が報じた。当地に留学経験のある元プロサッカー選手、藤木慎介教諭が担当する特別授業の一環とか。約100人の生徒たちは、同校生が紹介するブラジルの姿に好印象を持ったよう。ブラジルが一歩身近な国になったかも?
     ◎
 富士通のベンチャー企業、株式会社「アニモ」(横浜市)が先月、サッカーW杯に向けて無料のブラジル・ポルトガル語発音練習用アプリ「papagaio(パパガイオ)」をバージョンアップした。昨年10月に「App Store」で配信を開始したiPhone用アプリ。挨拶や旅行での言い回しなど日常に役立つフレーズや、サッカー応援用フレーズが搭載されている。手本の発音を聞けるだけでなく、自分の発音をチェックできる機能も。来伯したて日本人にもよさそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]