樹海

 6月30日午後5時、南大河州ポルト・アレグレで開催されたドイツ対アルジェリア戦で、ドイツの選手と共に入場した9歳のジェツリオ・フェリッペ君。彼と家族にとり、その瞬間は勝利の印そのものだ▼早産で生まれたフェリッペ君は、脳性まひを患い、医師からは歩く事も出来ないだろうと言われていた。立つ事もトイレに行く事もままならない息子の姿を見て、サッカーが好きになってくれればと考えた両親が家の中にボールを持ち込んだ時も、ボールが怖く、転倒する事を恐れていた▼だが、今は体育館が大好きで、歩き方はやや拙くとも、館内を走り、シュートまでする。所属校のチームではゴールキーパーも務めるサッカー少年だ。「全てを怖がっていた少年」が「学校や学友、ドイツ人と自分の家族を代表して入場」、場内で試合を観る特権に与った事実は、本人や両親、周囲の人々にとり、勝利以外の何ものでもない。何事も「必ず出来る」と考え、諦めずに取り組む姿勢は、困難が少年と家族をより強くした証でもある▼誰もが米国が勝つと思っていたのに、最後の最後で引き分けに持ち込んだポルトガル。最後の数分で2点を決めてメキシコを突き離したオランダ。後半半ばからは1人を欠き、同点に追いつかれたが、延長戦も持ちこたえ、ペナルティで初の8強入りを果たしたコスタリカ、4年前の敗戦で苦杯をなめた、今大会で英雄と化したブラジル正キーパーのジューリオ・セーザルなども、最後まで諦めない姿の一例だろう▼華々しさが目立つW杯の背後には涙を呑んで戦場を去る選手達がいる一方、新たな目標に向かって歩み出す人達もいる事等を改めて思うこの頃だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]