樹海

 6月30日午後5時、南大河州ポルト・アレグレで開催されたドイツ対アルジェリア戦で、ドイツの選手と共に入場した9歳のジェツリオ・フェリッペ君。彼と家族にとり、その瞬間は勝利の印そのものだ▼早産で生まれたフェリッペ君は、脳性まひを患い、医師からは歩く事も出来ないだろうと言われていた。立つ事もトイレに行く事もままならない息子の姿を見て、サッカーが好きになってくれればと考えた両親が家の中にボールを持ち込んだ時も、ボールが怖く、転倒する事を恐れていた▼だが、今は体育館が大好きで、歩き方はやや拙くとも、館内を走り、シュートまでする。所属校のチームではゴールキーパーも務めるサッカー少年だ。「全てを怖がっていた少年」が「学校や学友、ドイツ人と自分の家族を代表して入場」、場内で試合を観る特権に与った事実は、本人や両親、周囲の人々にとり、勝利以外の何ものでもない。何事も「必ず出来る」と考え、諦めずに取り組む姿勢は、困難が少年と家族をより強くした証でもある▼誰もが米国が勝つと思っていたのに、最後の最後で引き分けに持ち込んだポルトガル。最後の数分で2点を決めてメキシコを突き離したオランダ。後半半ばからは1人を欠き、同点に追いつかれたが、延長戦も持ちこたえ、ペナルティで初の8強入りを果たしたコスタリカ、4年前の敗戦で苦杯をなめた、今大会で英雄と化した伯国正キーパーのジューリオ・セーザルなども、最後まで諦めない姿の一例だろう▼華々しさが目立つW杯の背後には涙を呑んで戦場を去る選手達がいる一方、新たな目標に向かって歩み出す人達もいる事等を改めて思うこの頃だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を2019年3月26日 ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を 「政治改革」と「汚職防止法案」こそ最優先課題    戦後ブラジルでは選挙で選ばれた大統領は、軍政前にドゥトラ、ヴァルガス、クビチェッキ、クアドロス、グラールまで5人、民政移管後はネーヴェス、コーロル、FHC、ルーラ、ジウマ、ボウソナロの6人で計11人だ。  た […]
  • いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール2019年6月7日 いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール  5月末から勃発した「強姦疑惑騒動」から5日までドタバタした結果、ネイマールは「故障」という形でコパ・アメリカの出場を断念することになった▼5日夜にはネイマールを訴えた女性、ナジーラさんが実名と顔を公表してSTB局のニュースにも生出演し、彼女の信憑性を巡って世の評価は二 […]
  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]
  • ネイマールはこのままでいいのか?2019年2月8日 ネイマールはこのままでいいのか?  昨年のW杯でいまひとつ活躍できず、むしろ髪型や大げさな転倒などをからかわれたネイマール。それ以降、イメージのよくない彼だが、今週、「果たして彼に、自覚はあるのか?」と首をかしげずにはおれない行動をとった▼それは4日夜にパリで行なわれた彼の誕生会だった。27回目の誕生日 […]