ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 静岡サッカー協会の竹山理事は「(日本代表メンバーに)一昔前は三浦知良を始め中山雅史、名波浩、藤田俊哉…静岡出身が半分なんてこともあったんだよ」と静岡県勢減少を残念がる。今大会は内田篤人(函南町)、長谷部誠(藤枝市)の2選手だけ。全国的にレベルの底上げがなされてきた証でもあるが、今回始まる取り組みが〃サッカー王国・静岡〃の復活につながるかも。
     ◎
 日本人サポーターらが麻州クイアバのW杯会場で、東日本大震災の際にブラジルから受けた支援に感謝を表明するため「距離にも関わらず多大な支援をありがとう」「心強かった」などと記した垂れ幕を掲げたことが、連邦政府のW杯情報サイト「Portal da Copa」に取り上げられた。日本人から感謝表明されたことが、そのようにネット上で広まり「日本とブラジルはいつまでも友人だ」などと伯人からの喜びの声が上がっている。勝負の結果はどうであれ、W杯を機に両国の国民レベルの絆は深まったようだ。
     ◎
 北澤一家の農場は一年中忙しく、北澤アウグストさんは毎年、野沢菜の準備はするものの、実は日本祭りに行った事すら無いそうだ。夏は特に忙しく、「野沢菜作りも冬だから出来る」と話す。マリオさんに今年の野沢菜の出来について聞くと、「夏が暑くて心配したが無事成長した。収穫時期も早めたので、柔らかい」と自信を見せる。来年用の種も既に手配済みで、長野の食文化「野沢菜漬け」はしっかりと〃根付いた〃ようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 大耳小耳2014年6月28日 大耳小耳  「富士山写真展」はオザスコの日本祭りでも好評を博し、県連日本祭りの後も、レジストロ平和灯篭流しを含め、すでに幾つかで巡回展が準備されている。霊峰富士の雄姿を各地の祭り会場で見ることも可能。巡回展の希望団体は編集部(11・3340・6060=堀江)まで。     ◎ 「憩の […]
  • 大耳小耳2014年5月20日 大耳小耳  「ちょんまげ隊」は国内外問わず、どこへでもサッカー日本代表の応援に行く。もちろんいつでも正装だ。コンフェデ杯でもひときわ目立つ存在で、その格好のまま電車に乗るなど、世間から大きな注目を浴びたよう。一見、羽目をはずしたようにも見えるこれらの行動は、「東日本大震災を忘れないで […]
  • 大耳小耳2013年5月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月16日  平野所長によれば、マルシアは「ブラジルが日本からも注目されるようになり、彼女自身もそれ関係の露出が増えている。これを機に『日伯の文化交流の懸け橋になる』との思いが強いようです」。昨年9月には、三菱自動車ショールーム内で開かれた「太陽の国ブラ […]