ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■本紙さいたま支局長 蓑輪 政一

■訃報■本紙さいたま支局長 蓑輪 政一

 ニッケイ新聞のさいたま支局長だった箕輪政一さんが、前立腺ガンにより5月7日午後7時ごろ、埼玉県浦和市の社会保険病院で亡くなった。享年83。
 新潟県上越市出身。リオのイシブラスに出向していた経験があり、その縁で、元日毎紙記者の野呂義道さんから日毎紙東京支局を引きついた。1989年に有限会社「日伯毎日新聞社」(東京都港区三田)を設立し、東京支局として業務開始。
 主な業務は取材で、90年前後には入管法改正に関する役所回りの取材や、デカセギ労働の現場の取材をこなし、移住者の家族からの尋ね人記事なども送った。
 バブル崩壊後には日本側購読者が激減し、事務所維持のために大変な努力をした。本社が98年にパウリスタ新聞と合併したことをうけ、99年4月以降は埼玉県に移転し、「さいたま支局」となっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■尋ね人■田中実記さん2019年7月17日 ■尋ね人■田中実記さん  三重県松阪市在住の大西教生(のりお、旧姓田中)さんが、弟の田中実記(まさふみ)さんに関する情報提供を呼びかけている。  実記さんは1960年頃に、「ブラジル丸」か「アフリカ丸」で渡伯。移住直後は農場に勤め、水産関連の卸業にも携わり、92年頃にデカセギでいったん日本に帰ったが […]
  • ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待2019年4月17日 ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待  再開したブラジリアンプラザが目指すのは「日本版文協」だ。林事務局長は、「単なる商業施設ではなく、在日外国人も観光客もここに来れば何かしらの答えが得られる。福祉、起業、観光の起点にしたい」と話す。  さらに、館内には90年以降のブラジルから日本へのデカセギについて紹介する資料 […]
  • デカセギ=覚醒剤250キロ密輸=所持疑いで伯人4人逮捕2018年4月5日 デカセギ=覚醒剤250キロ密輸=所持疑いで伯人4人逮捕  覚醒剤約250キロ(末端価格約150億円)を所持していたとして、日本の警視庁が4日までに、覚醒剤取締法違反の疑いで伯人男性4人を逮捕したと、複数の日本のメディアが4日に報じた。  西日本新聞4日付によれば、香港から1月に東京都内に船舶で密輸され、宛先は群馬県内の会社だった。 […]
  • 文科省調査=日本語指導必要3万人突破=最多はポ語のデカセギ子弟2017年6月14日 文科省調査=日本語指導必要3万人突破=最多はポ語のデカセギ子弟  【共同】公立小中高校などに在籍する外国人の児童生徒のうち、日常生活や授業に支障があり日本語指導が必要な子どもは昨年5月1日時点で全体の4割に当たる3万4335人となり、過去最多を更新したことが13日、文部科学省の調査で分かった。前回調査の2014年度から5137人増で1991 […]