ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 美しい歌声で観客を魅了したINSPi。初のブラジル公演という事で、客席にポ語でも挨拶をするために、来伯前に事務所の先輩歌手のマルシアに特訓を受けたそう。だが発音でOKがなかなか貰えず、「特にコラサォン(心)は一度もOKにならず本当に大変でした。公演を見てたら怒られるかも…」と苦笑いする奥村伸二さん。だが当日の素晴らしい舞台を見たらマルシアも、「歌は発音でなくコラサォンで歌うもの」ときっと納得してくれる事だろう。
     ◎
 「楽しかった」で終わるはずだった日本祭り。が、今年日本で買ったばかりのカメラを盗まれた。しかも、本紙主催の富士山写真展ブース内で。周りが衝立に囲まれた宣伝用スペースの椅子の上に、一旦置いたのが間違いだった。真横に同僚がいるのに安心し、来場者に対応するため3分ほどその場を離れた隙に消えていた。コラム子の注意を引いた白人女性が共犯者だったようだ。一瞬の油断を悔いるも後の祭り。「人を呪わば穴二つ」と耐えて涙を飲むよりほかない。移民女性の「これも修行よ」との言葉が心にしみた。
     ◎
 非日系の愛好者が増えているという「コロニアかるた会」。かるた普及を目指す若者による「めぐりあひ会」では、定期的に集会を開くほか、ポ語サイトの運営まで行う。サイトの創始者ジュリアナ・アキモトさんは漫画「ちはやふる」でかるたを知り、1年以上かるた協会を探した末、コロニアかるた会を見つけたとか。次回の集会は今月20日。若者の取り組みに関心のある人はサイト(karutakai.word press.com)を参照。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年7月22日 大耳小耳  七夕祭りで販売された短冊は、色に応じて願いが込められているそうだ。水色は健康、黄色は金運、赤は情熱、ピンクは恋愛、緑は希望、白は平和だ。販売会場で最も早く売り切れたのは水色。ACAL職員によれば、去年最も売れたのは、黄色だったという。短冊の売れ行きにブラジルの世相が反映さ […]
  • 大耳小耳2014年7月15日 大耳小耳  サンパウロ日本人学校から各日系団体への寄付が行なわれた際、PTA9人に邦字紙読者がいるか尋ねてみた。結果、購読者はわずか1人、ネットで愛読しているという人も2人だけだった。日系社会と何かしらの関わりを持っているのは、親子で陸上クラブに通っているという1人のみ。駐在員家族の […]
  • 大耳小耳2014年7月8日 大耳小耳  日本祭り食ブースで鹿児島は、会館を売却したために調理場所を確保できず、泣く泣くさつま揚げなど郷土食の販売をあきらめた。また4、5人という少人数で細々と準備をしてきた県もある中、茨城、静岡、島根、愛媛の4県人会は参加を見送った。ある県人会ボランティアには、未出店の県人会婦人 […]
  • 大耳小耳2018年6月29日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, […]
  • 大耳小耳2018年7月19日 大耳小耳  今回初めて日本祭りにブースを設置するサンリオは「ハローキティ」などのキャラクターで有名なグッズ企画・販売会社。国民的漫画「モニカ」とコラボレーションするなど、ブラジルでも人気を高めている。日本では「ご当地キティ」という、ハローキティが日本各地の文化や名産品に関係する姿をしたキ […]