ホーム | 日系社会ニュース | W杯=セルジオ越後氏が辛口提言=日本敗因に文化的背景指摘=(中)=学校による選手育成の限界=求められる社会的意識改革
ギリシャ戦(6月19日、ナタル)に引き分け肩を落とす代表選手(共同)
ギリシャ戦(6月19日、ナタル)に引き分け肩を落とす代表選手(共同)

W杯=セルジオ越後氏が辛口提言=日本敗因に文化的背景指摘=(中)=学校による選手育成の限界=求められる社会的意識改革

 〃企業スポーツ〃という現状以外に、それらを取り巻く社会全体にも懸念事項があると語り、中でも「宗教の違い」を指摘する。W杯ではカトリック信仰国が好成績を収める傾向があると見ており、「カトリックの場合、日曜日は商業施設が休日となる。市民が集う場所としてスポーツクラブや公園を開放し、大きな受け皿として扱われた」ことがサッカー振興に関係するという。
 ブラジル、イタリア、スペイン、ウルグアイなど「歴代優勝国の多くはカトリック」と言えなくもない。「仏教はカトリックほどスポーツを重要視しないのでは? 日本にとって日曜日は商業界が一番儲かる日でスポーツはしないよね」と指摘した。
 宗教が生活の違いを生み出すことに間違いはなく、週末にスポーツをする習慣があまり定着しなかった「日本は文化的な〃ハンデ〃を背負っている」と越後さんは見ている。
 「追いつくためには、そんな部分も計算しなければならない。特待生を集めた私立校がカトリックとすれば、サッカー後進国の日本は一般の公立校。両者が対戦したら大抵、私立が勝つよね。それが環境の差というもの」との比喩で、日本が世界で勝てない要因を説明した。
 さらに、学校教育でプロ選手を育てようとする方向性も間違いだと指摘した。「学校はあくまで勉強する場。そもそも体育とプロスポーツは全く異なるもので、文部科学省主導の元では一生通用しない」。世界で対等に戦える水泳、体操、柔道といった種目を例に挙げ、「スイミングスクールや体操教室、道場など、どれも学校外で技術を伸ばしている競技が多い」と話す。
 越後さんは「日本の学歴社会を変えることは今や不可能。でも勉強して良い大学出て、一流のスポーツ選手にもなるのは無理でしょう? 日本が世界の頂点を狙える大会はユニバーシアード(学生の世界大会)だけ。外国の学生よりスポーツをやっているから結構強いよ」と皮肉を込めて笑った。
 日本サッカーが目指すのは〃学生の世界王者〃ではなく、W杯で勝利することだろう。であれば越後さんが語るように学校教育の枠を超えた、JFA独自の選手育成をさらに本格化させる時期がやってきたのかもしれない。
 「でも問題提起するマスコミもおらず、世論も特に指摘しない」――。どうやら日本サッカー界の成長は、その枠を超えた社会的な意識改革が求められているらしい。(つづく、小倉祐貴記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『エピソードで読む世界の国』=W杯特集、山川出版が刊行2014年3月27日 『エピソードで読む世界の国』=W杯特集、山川出版が刊行 ニッケイ新聞 2014年3月27日  『2014 エピソードで読む世界の国243』(同編集委員会編、山川出版社)がこの1月末に東京で出版され、巻頭には6月から当地開催のサッカーW杯特集が組まれている。全頁カラーで262ページ。  冒頭のブラジル紹介では《ストライキの多さは『奴 […]
  • 東西南北2017年9月5日 東西南北  2日、サンパウロ市ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを走行中のバスの中で女性の恥部に触った上、逃げようとした女性を捕まえて性器を押し付け、自慰行為を行ったとして、ジエゴ・ノヴァイス容疑者(27)が逮捕された。同容疑者がバスの中で同様の犯罪を繰り返したのは少なくとも17回目 […]
  • リオ五輪の前哨戦=トロント開催の汎米競技会=国外開催では最大の選手団を送り込むブラジル2015年6月18日 リオ五輪の前哨戦=トロント開催の汎米競技会=国外開催では最大の選手団を送り込むブラジル  カナダのトロントで7月10日から26日に開催されるパン・アメリカン(汎米)競技会(北、中、南米諸国が参加する総合競技大会)に、ブラジルが07年リオ開催の前々回大会の660人に次ぐ、600人の選手団を送り込むが、女性選手の比率が47%と過去最大になったと17日付フォーリャ紙 […]
  • 大耳小耳2014年10月1日 大耳小耳  もっとブラジルを知ってもらおうと、東京のJR中央線沿いのブラジル系店舗や、ライブハウスが手を取り合い9月27、28日に音楽イベント『VAMOSブラジる!?』と題した企画を開催した。ボサノバやサンバだけでなくブラジリアンPOP、ショーロ、ノルデステなども紹介したという。サン […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]