ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 松田司令官が率いるドウラードス基地は現在、シスフロン計画の情報室の開設を急いでいる。そこには国立インディオ保護財団や国税局、連邦警察の職員が常駐し、密輸取締りに関わる省庁の連携を高めるという。南麻州には31部族、48000人のインディオが居住しており、ブラジルで二番目に多いとか。インディオと陸軍が協力し合って密輸防止という姿は、ある意味、とってもブラジルらしい?
     ◎
 ネイマール選手が7月31日、2年半ぶり3度目で、単独では初となる来日を果たした。寝具メーカーとの契約のためで、日本各紙がその様子を伝えている。到着すぐの会見は時間の都合上、たった1問で終了。「W杯の敗因やブラジル代表のドゥンガ新監督に関して考えを聞きたかった」という声も。直後には昼のバラエティー番組に約15分間生出演。共演者や観覧者にサインするなど、笑顔を振りまいたよう。三浦知良選手との対談なども予定され、離日する1日までは日本国内で話題を振りまきそうだ。ぜひ安倍総理にもブラジルメディアにニュースを提供して欲しいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月18日 東西南北  サンパウロ州が17日、サンパウロ市モノレール17号線の工事再開を宣言した。工事担当の建築企業体と新たな契約が交わされたためだ。同線はコンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までと、地下鉄5号線カンポ・ベロ駅までをつなぐもの。当初はサッカーW杯の行われた2014年完成の予 […]
  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]