樹海

 松原安太郎の三男の妻・松原祐子さんには、実はなかなかう約束ができなかった。連絡先を入手してから何度も電話したが、「もうすぐ旅行する」「最近バタバタだから」などと毎回断られた。半年ほど経ち、「来週クイアバに行く」と言ったら住所を教えてくれ、ようやく会えた。ポ語、しかも電話で意図がよく伝わらず、不審に思われていたのかも―と少し緊張したが、会った瞬間に杞憂だったと分かった▼取材はものの1時間だったが「(安太郎氏は)松原家の誇り」と嬉しそうに話した。松原がヴァルガスの選挙資金を援助していたかを尋ねると、「それはあまり公にされたくないんだけどね」と言葉を濁した。家族の中では良い話として語られているわけではないようだ。しかし祐子さんの話からすれば、その事実はあったものの、コロニアでよく言われる「金銭のやり取りで生まれた友情」ではなかった▼〃毀誉褒貶のあった人物〃というのはおそらく嘘ではなかっただろう。同じ夢を持った妻と永住目的で当地に渡り、一介のコロノから20年で大農場主になった。よほどの強い行動力や意志があったに違いないが、美談だけでは終わらない話もあっただろう▼しかも、ブラジル近代史上最も重要といわれ、没後60年経った今でも存在感を残す元大統領と個人的に親しくなった。そんな日本移民がいたというだけで驚きだ▼10年前に亡くなった三男の義和さんは、父の遺品の管理を怠らなかったという。祐子さんは「大統領から松原に送った招待状が残っている」と言って探してくれたが、取材日までに見つからなかった。もし見つかれば、文字で残る貴重な友情の記録だった。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]