樹海

 松原安太郎の三男の妻・松原祐子さんには、実はなかなかう約束ができなかった。連絡先を入手してから何度も電話したが、「もうすぐ旅行する」「最近バタバタだから」などと毎回断られた。半年ほど経ち、「来週クイアバに行く」と言ったら住所を教えてくれ、ようやく会えた。ポ語、しかも電話で意図がよく伝わらず、不審に思われていたのかも―と少し緊張したが、会った瞬間に杞憂だったと分かった▼取材はものの1時間だったが「(安太郎氏は)松原家の誇り」と嬉しそうに話した。松原がヴァルガスの選挙資金を援助していたかを尋ねると、「それはあまり公にされたくないんだけどね」と言葉を濁した。家族の中では良い話として語られているわけではないようだ。しかし祐子さんの話からすれば、その事実はあったものの、コロニアでよく言われる「金銭のやり取りで生まれた友情」ではなかった▼〃毀誉褒貶のあった人物〃というのはおそらく嘘ではなかっただろう。同じ夢を持った妻と永住目的で当地に渡り、一介のコロノから20年で大農場主になった。よほどの強い行動力や意志があったに違いないが、美談だけでは終わらない話もあっただろう▼しかも、ブラジル近代史上最も重要といわれ、没後60年経った今でも存在感を残す元大統領と個人的に親しくなった。そんな日本移民がいたというだけで驚きだ▼10年前に亡くなった三男の義和さんは、父の遺品の管理を怠らなかったという。祐子さんは「大統領から松原に送った招待状が残っている」と言って探してくれたが、取材日までに見つからなかった。もし見つかれば、文字で残る貴重な友情の記録だった。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変2020年7月24日 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変  今年の全国市長選は新型コロナウイルスの影響で、通常より1カ月遅い11月に行われるが、今の時点で早くも「異変」が現れている。しかも、それは「左派」に顕著に出ている。「左派の雄」のはずの労働者党(PT)がピリッと来ないのだ。  しかもそれは2016年のように「ラヴァ・ジャット作 […]
  • 《記者コラム》ブラジルで「伝統」になった米国南部連合の旗2020年7月21日 《記者コラム》ブラジルで「伝統」になった米国南部連合の旗 「虐げられた人々」が集まるブラジルの不思議  世界中からアメリカに移住したい人は多いだろうが、その逆は少ない。歴史的に見ると、ブラジルは数少ないそんな国の一つだ。「どうして世界で最も豊かな米国から、危なくて貧乏そうなブラジルへ?」と不思議がる人もいるだろうが、そこには歴史的理 […]