ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 県連月例会議の冒頭、来訪者発言が3件あった。1人目の赤羽玲子さんは講演活動や体操教室の案内を行い、2人目の憩の園吉安園子会長はリッファと16日のバザー開催の案内を行った。3人目の元サンパウロ州議下本八郎さんは、来たる統一選挙に向けて日系社会の団結を説いた。来訪者が多くなり過ぎても困るが、各県人会代表が一堂に会する数少ないこの場を活用するのは悪くないかも。
     ◎
 国際交流基金が今月、聖・リオの両市で開催する琉球芸能公演。サンパウロ市での整理券配布はガゼッタ劇場で5日午後2時スタート、火~日の週5日間配布されることになっていた。しかし、初日に会場を訪れたという女性によれば、「午後2時半に着いたらもう整理券がなくなっていた」。女性は「お金を払っても見たい人は大勢いる。次回やる時は講演回数を増やしてほしい」と強く要求。沖縄芸能の人気ぶりは、もはや基金も想定外?
     ◎
 亡くなった静岡県人会元会長の後藤宗治さんは、石川嘉延県知事が来伯した07年の県人会創立50周年式典にあわせて刊行を当初予定していた記念誌の完成を、ずっと心待ちにしていた。同式典の記事には「今年末までに完成する予定」と報じられており、編集に必要な資料の大半は後藤さんが提供したというが、57周年の今も、残念ながら発刊されていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]