ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月31日付け

 先日、パラナ州ロンドリーナに出張する機会があったのだが、何でも市内に新しいラーメン屋が出来たとのことで早速知人の案内で訪れた。同市唯一とのことだったので楽しみにして行ったのだが、到着するとシャッターが下りており、まさかの定休日…。店名は「Miejan Lamen」(Rua Goias, 557)。デカセギ帰りの日系人が開けた店なのだとか。
     ◎
 日伯両国を往復しながらカーニバルに出場を続ける三由翼さん。陽気なお祭り男を想像していたが、淡々とした冷静な人だった。カーニバルは「たった一日のために多額の資金、労力、時間を費やす世界一大規模な総合芸術の祭り」で、一番の魅力は「チームに所属し本番に向かうプロセス」なのだとか。「当日はたいしたことない」との一言に、出場者の意外な一面を見た。
     ◎
 9、10日にあったサンパウロ日本人学校の職場体験学習。本紙でも2人を受け入れた。すると先日、丁寧に手書きされたお礼状が編集部に届いた。形式に沿って書く前略文など、この年代で書く機会は少ない。ここまでが体験学習としての勉強なのだろう。「何度も何度も校閲される中で、仕事の厳しさを味わいました」「取材での様々な工夫を知り、改めて記者という仕事の素晴らしさを感じました」と語られる感想に、改めて身を引き締められる思い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、聖市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でも伯人を助ける」2019年6月27日 CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でも伯人を助ける」  2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。  歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカ […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • エドアルド 質疑応答 (New!)2016年5月2日 エドアルド 質疑応答 (New!) サンパウロ市リベルダーデ街にあるニッケイ新聞編集部に3月4日(金)に来社してくれたエドアルドさんに、いろいろと突っ込んだ質問をしてみました。どんなことを聞いても、ちゃんと受け止めて、真剣に答えるエドアルドさんに、こっちがびっくり。日本語の達者ぐあいもさることながら、なかなかキモ […]