ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 独自の外交を繰り広げる安部昭恵首相夫人。産経ニュースによると「『女性の輝く社会』の具体化」「日本文化に理解のある親日家を大切に」等を基準に首相外遊に同行しており、外遊先から訪問依頼が殺到しているとか。当地ではカルモ公園の桜祭りやリ広場に顔を出し、ブラジル民に随分好感を持たれたよう。あちこち飛び回るので領事館関係者は「ガードが大変」と漏らしていたが、女性の輝く社会実現にはそれくらいでちょうど良い?
     ◎
 「伊藤園 第25回お~いお茶新俳句大賞」のブラジルからの入賞者7人を本紙6日付け6面で報じたが、リストに漏れがあったと判明。佳作賞を受賞したが、本紙に掲載されなかった林とみ代さんからの連絡でわかった。リストは同大賞の窓口となったサンパウロ市文協提供によるものだが、そこに名前があったのは文協を介して応募した人だけだった。直接応募した林さんの入賞作品は「水中花世間知らずのまま老いて」。おめでとうございます。
     ◎
 JICA関西による短期研修での訪伯を前に、教師らは日本での事前研修を、6月15日の午前に行なったという。日本でその時間帯といえば、W杯の日本対コートジボワールの試合中。JICA関西の建物内では観戦イベントもあったようで、片耳で声援を気にしながらの講習だったようだ。当地にやってきたのは、安倍晋三首相も来聖した2日。文協ビル前での出迎えに、JICA隊員として加わる役得もあったよう。首相と握手できたなら、W杯の日本代表戦を無駄にする価値があったかも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 開催に賛成する代表者一同2014年8月16日 県連=来年の日本祭り開催を決定=外交120周年事業の目玉に=安倍首相来伯で勢いつく=「不安要素は選挙結果」  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)は14日、臨時代表者会議を文協ビルの県連会議室で開き、各県人会代表者約45人出席のもと、満場の支持を得て「第18回日本祭り」の開催を決定した。高騰した会場費の問題から開催が危ぶまれていたが、先日来伯した安倍晋三首相の日本祭り支 […]
  • 大耳小耳2014年8月16日 大耳小耳  部長会シンポの案内に訪れた商議所の二人は、今冬のW杯について「恩恵は部会によってかなり差がある。試合に合わせ操業を停止するなど、冷え込んだ業種の方が多いのでは」と漏らす。また安倍晋三首相来伯では、日本経済界から200人以上を集めてセミナーを行なったが、平田事務局長によれば […]
  • ブラジリア日本語普及協会に集まった皆さんと安倍昭恵首相夫人(中央前列、普及会提供写真、Foto=Haruo Mikami)2014年8月2日 ブラジリア=首相夫人は日語普及会へ=モデル校に図書類を寄贈=「日伯関係は日系人の功績」  安倍昭恵首相夫人はブラジル最初の日程として1日午前9時20分、ブラジリア日本語普及協会(三分一貴美子理事長)が直営する日本語モデル校を訪問し、『昭恵文庫』として茶道や生け花の写真集などの書籍約50冊とDVDの贈呈式を行った。 当日は250キロ離れたゴイヤス州、300キロ離 […]
  • 【日本移民の日2021年】東京五輪=メダル期待されるブラジル人選手たち=リオ五輪を超えることはできるか?=新種目スケートボード、サーフィンも2021年6月22日 【日本移民の日2021年】東京五輪=メダル期待されるブラジル人選手たち=リオ五輪を超えることはできるか?=新種目スケートボード、サーフィンも  いよいよ7月23日から、1年遅れで東京五輪が開催される予定だ。コロナが絡んでいるため、状況次第ではまだどうなるかはわからないが、前回がリオ大会ということもあり、日本とブラジルを結びつける貴重な機会ではある。今回は、この東京五輪において健闘が期待されるブラジル勢を見ていくことに […]