ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、伯国の障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現したという。正式に決まれば、今夏にも強化合宿が行われる見込みで、パラリンピック競技の事前合宿誘致は県内では初という。リオから東京へと引継がれた五輪・パラリンピック。このように、伯国へ渡った日本移民との繋がりを各都道府県が再認識すれば、もっと日伯交流は盛んになるかも。
    ◎
 06年に伯国が地デジ日本方式を採用し、昨年には、あかま二郎総務省副大臣を迎えて10周年記念式典が行われた。これまで中南米13カ国、アジアを含む18カ国まで広がった同方式だが、先月20日、エルサルバドルが日本方式を採用することが新たに決まった。これで19カ国目となる。日伯方式の地デジ放送によって、中南米では存分に楽しまれたリオ五輪。20年東京大会に向けて、今年は両国がさらに連携を深め、アフリカへも日伯方式を普及させていきたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ