ホーム | 特集 | 【安倍首相来伯特集】日伯ビジネスフォーラム開催=「ジュントス精神で発展を」=首相が日伯共同体を強調=日本から約70社200人出席=アウキミンサンパウロ州知事と署名

【安倍首相来伯特集】日伯ビジネスフォーラム開催=「ジュントス精神で発展を」=首相が日伯共同体を強調=日本から約70社200人出席=アウキミンサンパウロ州知事と署名

会場の全景(撮影=望月二郎)

会場の全景(撮影=望月二郎)

 安倍晋三首相は2日午後から、サンパウロ市内で行なわれた『日本・ブラジル・ビジネスフォーラム』に出席し、約25分に及ぶ記念講演を行なった。中南米政策に関するこのスピーチでは、三つの指導理念を掲げて『日本と中南米、Juntos!(一緒に)』と宣言し、同行した日本経済団体連合会(榊原定征会長)や、ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事などの来賓はじめ来場者330人から共感の拍手が送られた。

 主催者あいさつに立ったジェトロ(日本貿易振興機構)の石毛博行理事長は、「地理的には遠く離れている日伯だが、100年以上の移民や多数の進出企業があり、心理的には非常に近い。絶えずお互いに交流し、発展できる機会になれば」と趣旨を説明した。
 安倍首相はスピーチで『プログレジール(進歩する)・ジュントス』『リデラール(導く)・ジュントス』『インスピラール(発想する)・ジュントス』という3指導理念を挙げ、ともに発展する方針を示し、ウジミナスやイシブラスの合弁事業、リオ・サミット(92年)による環境保護、セラード開発による日伯の結びつきを振り返った。

中南米政策を語る安倍首相(撮影=望月次郎)

中南米政策を語る安倍首相(撮影=望月次郎)

 大型の有人潜水調査船による事業にも触れ、「昨年4月に『しんかい6500』がブラジル沖合に潜った。日本とブラジル双方の科学者たちが知恵と汗、努力を持ち寄った共同研究だった。何よりも大きな収穫だったのは、科学者同士に本当の友情が生まれたことだ」と話し、仲間を得た喜びが大きな成果だとした。
 「リオから夢のたいまつを引き継ぎ、2020年に東京で五輪が開催される。私は日本の若者に、どしどし世界に出て外国の若者と触れ合うよう促し続ける」と約束し、結びに「発展を共にしましょう。世の中を良くしていくため一緒に働きましょう。魂と魂が触れ合って深い共感を育てるよう、人と人との交流に力を注いでまいりましょう。日本と中南米、ジュントス!」と締めくくった。

アウキミンサンパウロ州知事と握手を交わす首相(撮影=望月二郎)

アウキミンサンパウロ州知事と握手を交わす首相(撮影=望月二郎)

 当日はアウキミンサンパウロ州知事も出席し、日本との協力関係を訴える挨拶を行い、署名式に臨んだ。
 安倍首相の退席後は、参加企業による事業紹介がされた。首相の中南米訪問に同行した経団連加盟社は約70社に及び、今フォーラムで日本側の出席者は200人を越えた。三井物産、トヨタ、三菱重工、IHI、ヴァーレ、ブラデスコ銀行など23の企業・団体(日本側17、ブラジル側6)が登壇し、創立から当地進出の経緯、今後の展開などを説明した。

フォーラムの会場で署名を交わす安倍首相とアウキミン州知事(撮影=望月二郎)

フォーラムの会場で署名を交わす安倍首相とアウキミン州知事(撮影=望月二郎)

 中には日本学術振興会、海洋研究開発機構といった研究機関も含まれ、「国境なき科学」での人材交流、海洋エネルギー開発に関わる、造船分野での技術貢献などを確認し、企業の枠組みを超えた連携を求める声が挙がった。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 日本企業の果たす役割=ブラジル日本商工会議所会頭 松永愛一郎2017年6月28日 日本企業の果たす役割=ブラジル日本商工会議所会頭 松永愛一郎  6月18日「日本移民109周年」を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。  1908年、笠戸丸がサントス港に入港してから109周年を迎える今、日系ブラジル人の数は約190万人にのぼると言われております。  勤勉さと教育レベルの高さから広範な分野に進出し、ブラジ […]
  • 秋篠宮両殿下=連邦議会の記念式典にご臨席=罷免運動のとばっちりも=当地メディアも大々的に報道2015年11月7日 秋篠宮両殿下=連邦議会の記念式典にご臨席=罷免運動のとばっちりも=当地メディアも大々的に報道  【既報関連】秋篠宮同妃両殿下は5日午前、首都ブラジリアの連邦議会における日伯外交関係樹立120周年記念式典にご臨席された。エドゥアルド・クーニャ下院議長夫妻や伯日友好議員連盟の西森ルイス会長ら同議連関係者、地元日系人代表が出席し、120年前のこの日に仏パリで締結された「日伯修 […]
  • 今月上旬にはサンタカタリーナを訪れ、ライムンド・コロンボ知事(左)と会談した(州政府提供)2015年7月16日 外交120周年=梅田大使、各知事と対談=リオでは月末に音楽祭  日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯大使)は8日午後、在聖総領事館で第7回会合を行ない、記念事業に関する状況を確認し、会議後に梅田大使らが取材に応じた。 花火祭り(9月12日、サンパウロ市インテルラゴス)はコシノ・ジュンコ氏演出のもと […]
  • ロゴを背にしたブルーノ・ヒトシさん2015年2月4日 120周年第4回会合=大統領訪日と皇室ご来伯実現へ=日本館改修も記念事業に=練習艦隊数カ所に寄港か=リオも独自に事業進める  日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯日本国大使)は2日、在聖総領事館で第4回会合を行なった。構成員の日系5団体ら約20人が出席した。会議後に梅田大使、福嶌教輝在聖総領事、山元毅(つよし)在リオ総領事が会見し、目玉企画の花火大会と展示会 […]