ホーム | コラム | 樹海 | 「幸せの条件」の日伯の違い

「幸せの条件」の日伯の違い

 「幸せの条件は」と聞かれたら、千差万別の答えが返ってくるだろう。経済協力開発機構が隔年で発表する報告書「How’ s Life?」が興味深かった。同調査は約40カ国を対象に、経済状態と生活の質を「所得」「健康」「安全」「主観的幸福」などの11項目に分けて調べたもの。先進国は全項目においておおむね数値が高く、発展途上国や争乱のある国は数値が低いのだが、気になったのは幸福感だ▼日本で満足度が高い項目はトップから順に「安全」「所得と富」「教育と技能」と、自他共に認める安全で豊かな国だ。しかし他項目は概して低く、特に「仕事と生活のバランス」「健康状態」「主観的幸福」はランキングの最下位にある。それに大半の国で幸福度は年々上昇しているが、日本は逆にここ数年間下降を続けている▼一方、生活の質は低くても幸福と感じている人が多いのがブラジルの特徴だ。ほぼ全ての項目が最低ラインか良くて中間に位置する。だが、「主観的幸福度」が全項目で最も高いというパラドックス(論理的な矛盾)がおきている。「自分らしく」、いわば「気まま」に生きれば幸福と感じるということか。日本人が追い求めてきた経済的豊かさも治安の高さも、幸福のための必要条件ではないという証明がここにある▼優秀国はフィンランド、アイルランドなど北欧諸国やスイス、カナダなど。ほぼ全項目において満足度が高いこれらの国々に比べると、日伯ともにどこかアンバランスで、鏡の表裏のよう。「日本人はもっと気ままに生きていいんじゃない」―兄弟国のようなブラジルから、そんなメッセージが聞こえてきそうだ。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 失敗を再発防止に活かせ2020年2月6日 失敗を再発防止に活かせ  1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]