ホーム | コラム | 樹海 | 「幸せの条件」の日伯の違い

「幸せの条件」の日伯の違い

 「幸せの条件は」と聞かれたら、千差万別の答えが返ってくるだろう。経済協力開発機構が隔年で発表する報告書「How’ s Life?」が興味深かった。同調査は約40カ国を対象に、経済状態と生活の質を「所得」「健康」「安全」「主観的幸福」などの11項目に分けて調べたもの。先進国は全項目においておおむね数値が高く、発展途上国や争乱のある国は数値が低いのだが、気になったのは幸福感だ▼日本で満足度が高い項目はトップから順に「安全」「所得と富」「教育と技能」と、自他共に認める安全で豊かな国だ。しかし他項目は概して低く、特に「仕事と生活のバランス」「健康状態」「主観的幸福」はランキングの最下位にある。それに大半の国で幸福度は年々上昇しているが、日本は逆にここ数年間下降を続けている▼一方、生活の質は低くても幸福と感じている人が多いのがブラジルの特徴だ。ほぼ全ての項目が最低ラインか良くて中間に位置する。だが、「主観的幸福度」が全項目で最も高いというパラドックス(論理的な矛盾)がおきている。「自分らしく」、いわば「気まま」に生きれば幸福と感じるということか。日本人が追い求めてきた経済的豊かさも治安の高さも、幸福のための必要条件ではないという証明がここにある▼優秀国はフィンランド、アイルランドなど北欧諸国やスイス、カナダなど。ほぼ全項目において満足度が高いこれらの国々に比べると、日伯ともにどこかアンバランスで、鏡の表裏のよう。「日本人はもっと気ままに生きていいんじゃない」―兄弟国のようなブラジルから、そんなメッセージが聞こえてきそうだ。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]
  • 押し花アート展、15日から=昔話やファンタジーを押し花で2019年11月13日 押し花アート展、15日から=昔話やファンタジーを押し花で  押し花教室「押し花アート」(巽ミリアン代表)による『第13回押し花アート展覧会』が15日~24日まで、サンパウロ市リベルダーデ区のレバノン聖母教会(Rua Tamandare, […]
  • 伯ボリビア=天然ガス価格で妥結=上質ガスに対し追加払い=「隣のアミーゴ」と友好維持2007年2月17日 伯ボリビア=天然ガス価格で妥結=上質ガスに対し追加払い=「隣のアミーゴ」と友好維持 2007年2月17日付け […]
  • どこから来たの=大門千夏=(53)2018年3月8日 どこから来たの=大門千夏=(53)  その上、母の濃厚な愛情はいささかうっとおしかった。その分、妹たちは愛情不足を募らせていたわけだ。  親に一言も文句を言ったことはないが、心の中では反抗心が渦巻いていて、いつか知人のいない誰からも強制も束縛もされない自由を満喫できる街に行く。小学生の時から一人で決めていた。少 […]
  • 樹海2014年8月29日 樹海  米国人政治学者のジーン・シャープ(86歳)は「非暴力抵抗運動の父」と呼ばれる。朝鮮戦争の時に「良心的兵役拒否」で9カ月服役、ハーバード大学の国際関係センターで研究を行い、著書『独裁体制から民主主義へ』『武器なき民衆の抵抗』等は数十カ国で訳され、〃アラブの春〃や〃東欧民主化 […]