ホーム | コラム | 樹海 | 13日がインピーチメントの今後を占う決戦日?

13日がインピーチメントの今後を占う決戦日?

この光景が再現されるか? パウリスタ大通り界隈全体が立錐の余地もないほど。〃100万人〃のデモ参加者で溢れた3月14日デモの様子(Foto: Robson Fernandes/Fotos Públicas)

この光景が再現されるか? パウリスタ大通り界隈全体が立錐の余地もないほど。〃100万人〃のデモ参加者で溢れた3月14日デモの様子(Foto: Robson Fernandes/Fotos Públicas)

 13日は大統領罷免審議の今後を占う重要な日だ。3月15日、4月12日、8月16日に続く大規模デモが呼びかけられているからだ▼8月までのデモの盛り上がりをうけて、9月に出された罷免審議提案書が下院議長に先週受理された。それをダメ押しする抗議行動となる▼罷免が連邦議会で承認されるには3分の2の賛成が必要であり、連立与党が過半数を占める現状からすれば不可能に近い。でもテメル副大統領に一番近いパジーリャ民間航空局長官が早々に辞表を出した意味を深読みするなら、最大野党PMDBの票は当てにならない▼不可能を可能にする最大のカギは「国民の圧力」だ。大統領支持率は10%しかないので、議会の与党比率は「国民の意思」を反映していない。デモ主要団体ヴェン・パラ・ルアは《連邦議会の罷免投票に国全体が目を光らせている。(罷免反対の)議員は次の選挙で当選できないと覚悟せよ》と訴えている▼今回も100万人規模に膨れ上がり、それが世論調査に反映され「国民の大半が罷免支持」となれば、与党政治家は震え上がり情勢は変わる▼サンパウロ州軍警が3月、最初のデモ参加者を「パウリスタ大通り界隈で100万人」と衝撃的な発表した背景には「サンパウロ州政府がPSDBの牙城」との事情もある。この数字からデモ熱が高まった。今回もパ大通りが焦点だ▼逆に今回盛り上がらないなら、その時点で罷免は難しくなる。政府としてはXマスまでに罷免審議を終わらせたかったが、すでに難しい情勢だ。せめて1月中には終了させてカーニバルの熱狂で国民の頭を白紙にもどし、地方選挙への悪影響を最小限に抑えたいところだろうが…。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!2020年6月9日 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!  高齢者がブラジル生活を送るにおいて、これから2、3カ月が一番危険な時期ではないか―という気がする。  今までは序の口で、これから「コロナ死者激増」と「大不況」というダブルパンチに見舞われる。今後起こりうるシナリオを列挙すると、以下のようになる。 ▼「4月、5月のコ […]
  • 樹海拡大版=ウイルスと戦うのでなく、共生する生き方2020年4月21日 樹海拡大版=ウイルスと戦うのでなく、共生する生き方  日本の厚生労働省サイトに《新型インフルエンザに関するQ&A》(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html)というページがあったので、のぞいてみた。  《通常の季節性インフルエンザで […]
  • ボウソナロ大統領は最悪?2020年4月16日 ボウソナロ大統領は最悪?  14日夜、米国のザ・ワシントン・ポスト紙が社説で、新型コロナウイルスの世界的流行を最も過小評価している国家元首にボウソナロ大統領を選んだという、G1サイト電子版14日付記事が目に留まった。  新型コロナ関連でボウソナロ氏が国際的に酷評されるのは初めてではない。英国紙 […]
  • 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに2020年1月14日 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに  今回は資産家向けの話で、コラム子のような一般庶民には、正直言ってあまり関係がない。だが、読者には資産家も企業家もいるので、予備知識として知っておいてもいいかと思い、調べてみた。   ブラジル在住者が10万ドル超を日本に持つ場合    まずブ […]