ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 エドゥアルド・カンポス氏の急死は大きな波紋を投げかけているが、その政治家としての手腕はカルドーゾ、ルーラの両元大統領も高く評価していた。カルドーゾ氏はカンポス氏の死に対し「ブラジルにとって大きな喪失だ。国にとっての希望の扉を開けようとしていた人物だった」と語った。また、自身の政権時にまだ30代だったカンポス氏を科学技術相に抜擢したことでも知られるルーラ氏は、墜落した飛行機にカンポス氏が乗っていたと知った途端に仕事を中止し、死を確認するとすぐにカンポス氏の母アナさんに電話し、泣き崩れた。「公人として並外れた資質を持った人物だった」とルーラ氏は追悼文で綴った。

     ◎

 サンパウロ州地裁は13日、2006年に39年の実刑判決を受けたスザーネ・リシュトフェン実刑囚(30)に、昼間外出を認める判決を出した。判決を下した判事は同実刑囚を長期間拘留中の模範囚と見なし、この判決を下した。スザーネ実刑囚は10代だった2002年、恋人との交際に反対され、恋人やその兄弟と共に計画的な手口で両親を殺し、話題を呼んだ。検察は上告の意向だ。

     ◎

 13日に行なわれたブラジル杯の試合は、サンパウロがブラガンチーノに1―3、フルミネンセがアメリカに2―5、インテルナシオナルがセアラーに1―3で敗れた。これは、現時点では全国選手権5位以上の3チームが、同選手権2部のチームにいずれも大敗したことを意味する。大勝した2部チームの奮闘は認めるが、強豪チームのこのふがいなさも昨今の国内リーグの不人気の一因ではないだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ