ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 聖市保健局が23日、16年2月2日まで(最初の4週間)のデング、チクングニア、ジカの各熱に対する罹患状況についての統計データを発表した。デング熱感染が疑われる人は5877人で昨年同期の2406人の倍以上、感染確認は827人で昨年同期の710人を16・5%上回り、24日からは野営診療所設営も始まった。チクングニア熱は、域内感染2人を含む9人の罹患が確認されている。ジカ熱は47人の罹患が疑われ、4人が正式にジカ熱感染が確認された。さらに小頭症を疑われた赤ちゃんは32人いたが、正式に同症と診断されたのは6人だった。いずれも昨年より圧倒的に多い数で進行しており、戦々恐々とした日々が続きそうだ。
     ◎
 今週も曇り空が続き、いつ雨が降ってもおかしくない聖市だが、東部アリカンドゥーヴァの市立ネイル・ゴメス・マルチン校(幼稚園)は、近隣の川の氾濫後に隣接する公園の地盤が沈下、学校の塀も壊れて、授業を行えなくなった。聖市は文書で、市のインフラ局が23日に同校の被害状況を調べたと発表したが、結果が出る時期や授業再開予定日は明らかにされていない。市の迅速な対応を願いたいところだ。
     ◎
 昨年のサッカー全国選手権の得点王で8年ぶりのセレソン復帰も果たした35歳のベテラン、リカルド・オリヴェイラに中国リーグのオファーが届いた。その額が破格なため、彼自身も移籍に前向きで、サントスと交渉中だという。昨年の国内有望選手が根こそぎ狙われている印象だが、選手の中国移籍を快く思っていないセレソンのドゥンガ監督の胸中は。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年7月2日 東西南北  6月30日、聖市セントロの労働者党(PT)本部の玄関が、2度にわたる暴力行為で破壊される事態が起きた。最初は未明にガラス戸が叩き割られたが、すぐ後に、破壊行為を行った商人のエミウソン・シャヴェス容疑者(38)が警察に連行された。同容疑者は釈放後の同日午後2時頃、再びPT本部に […]
  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、伯国史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の暁に […]
  • 東西南北2016年2月17日 東西南北  13日に聖市南部のサントアマーロ高架橋がトラック2台の衝突に伴う炎上で部分損傷し、通行止めになったことは昨日付本紙でも伝えたが、週が明けた15日、南部のバス交通は一大パニックとなった。同高架橋は南部でも通行量の多いことで知られているが、そこが封鎖され、25ものバス路線がルート […]
  • 東西南北2016年12月10日 東西南北  本日付本紙でも報じたように、ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事にオデブレヒトとの汚職疑惑が浮上した。これまではそうした噂が比較的少なく、10月のサンパウロ市市長選ではジョアン・ドリア氏の後ろ盾となって圧勝させたことで、「18年の民主社会党(PSDB)の大統領選有力候補」 […]
  • ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘2018年11月27日 ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘  本格的な夏を前に、25~30日にネッタイシマカ(Aedes […]