ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 14日、イタリアのジェノヴァで橋が落ち、15日までに39人が死亡した事故は世界的に報じられた。ブラジル紙でもショッキングな写真つきで伝えられたが、その橋を建設した企業は、ブラジルの高速道建設にも関与しているという。その企業はイタリアのアトランティア社会で、ブラジル企業のベルチンと「ABコンセッソンエス」というコンソーシオを組み、サンパウロ州ではトリアングロ・ド・ソル、コリーナス、チエテ、ミナス・ジェライス州ではナセンテス・デ・ジェライスなどの建設を請け負っているという。一つ大きな事故があったからといって全てが粗悪だとは限らないが、大きな事故があっただけに気になる話ではある。

     ◎

 サンパウロ市東部サンマテウスの福音派牧師が、青少年虐待容疑で現在捜査を受けている。ペドロ・ジョルジェ・ドス・サントス・テイシェイラ容疑者(31)はこれまでに、教会で知り合った10代の少女や少年に対し、「天使のお告げだ」と称し、性行為を強要していたという。中には、容疑者の養子となった子供との交際を認めてもらうために被害に遭った女子生徒もいる。被害者は、判明しているだけでも少年2人に少女2人。同容疑者は現在、逃走中だ。

     ◎

 ウルグアイの前大統領で、退任後は上院議員になったウルグアイのホセ・ムヒカ氏が14日、上議を辞任した。理由は「疲れた」とのこと。同氏は現在、83歳と高齢でもある。同氏は個人資産が中古のフォルクス・ワーゲンのみの「清貧大統領」として知られ、反消費社会スピーチなどで、南米のみならず、日本でも有名だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]