ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の45・8%が貧困者だったが、以後、減少が続き、14年には20・4%まで落ちた。だが、ジウマ大統領罷免前年の15年は少し上がったことが判明。改めて当時の経済状況悪化が感じられる。この数字は、南米のウルグアイ6・2%、チリ10・1%、パラグアイ19・1%と比べても高い。現政権にとってもそうだが、貧困撲滅は、来年の大統領選以降の課題になりそうだ。
     ◎
 10月30日のサッカー全国選手権で、パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでのクルゼイロ戦を2―2で引き分け。首位コリンチャンスとの勝ち点差は1しか縮まらなかった。それでも最大17あった差を5に減らして、5日の直接対決に臨むことになった。一方、リベルタドーレス杯はグレミオが今晩、本拠地ポルト・アレグレでバルセロナ・グアヤキルとの準決勝第2試合を行う。1戦目に続く勝利で決勝進出を決めてほしいところだ。
     ◎
 10月のサンパウロ州主要水系の降水量は、カンタレイラ97・6ミリ、アウトチエテ99・9ミリ、グアラピランガ101ミリと、超えてほしかった100ミリスレスレのところに留まった。月末の雨がもう少し早くほしかったところだ。予報だと、次の雨は2日の祝日から週末にかけてとか。さて、どうなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 27日よりリベルタドーレス杯グループリーグ=気になるブラジル7チームの対戦相手は?2018年2月27日 27日よりリベルタドーレス杯グループリーグ=気になるブラジル7チームの対戦相手は?  27日よりサッカーのクラブ南米一の座を争うリベルタドーレス杯のグループ・リーグが行われる。ブラジル勢の対戦カードを見ていこう。 […]
  • リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験2018年8月8日 リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験 南米一のクラブを決めるリベルタドーレス杯が、W杯に伴う中断期間後、約1カ月半振りに再開した。7日から始まったのは、グループリーグを勝ち残った16チームによる決勝トーナメントだ。今年は例年以上に強豪揃いとなっている。  16強の顔ぶれの豪華さは、現在残っている16チーム […]
  • 東西南北2014年11月5日 東西南北  3日午後、先週から言われていた「今週は天候が崩れる」との天気予報どおり、大聖市圏に強い雨が降り、冠水被害などが見られた。降ったのは聖市北部や同東部より北の地域で、聖市中央部から南部では夕方以降に霧雨程度という不思議な雨の降り方ではあったが、それでもCPTM7号線が止まり、 […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]