ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の45・8%が貧困者だったが、以後、減少が続き、14年には20・4%まで落ちた。だが、ジウマ大統領罷免前年の15年は少し上がったことが判明。改めて当時の経済状況悪化が感じられる。この数字は、南米のウルグアイ6・2%、チリ10・1%、パラグアイ19・1%と比べても高い。現政権にとってもそうだが、貧困撲滅は、来年の大統領選以降の課題になりそうだ。
     ◎
 10月30日のサッカー全国選手権で、パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでのクルゼイロ戦を2―2で引き分け。首位コリンチャンスとの勝ち点差は1しか縮まらなかった。それでも最大17あった差を5に減らして、5日の直接対決に臨むことになった。一方、リベルタドーレス杯はグレミオが今晩、本拠地ポルト・アレグレでバルセロナ・グアヤキルとの準決勝第2試合を行う。1戦目に続く勝利で決勝進出を決めてほしいところだ。
     ◎
 10月のサンパウロ州主要水系の降水量は、カンタレイラ97・6ミリ、アウトチエテ99・9ミリ、グアラピランガ101ミリと、超えてほしかった100ミリスレスレのところに留まった。月末の雨がもう少し早くほしかったところだ。予報だと、次の雨は2日の祝日から週末にかけてとか。さて、どうなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 27日よりリベルタドーレス杯グループリーグ=気になるブラジル7チームの対戦相手は?2018年2月27日 27日よりリベルタドーレス杯グループリーグ=気になるブラジル7チームの対戦相手は?  27日よりサッカーのクラブ南米一の座を争うリベルタドーレス杯のグループ・リーグが行われる。ブラジル勢の対戦カードを見ていこう。 […]
  • 東西南北2016年2月23日 東西南北  ルーラ前大統領やジウマ大統領の選挙参謀として知られるジョアン・サンターナ氏への逮捕令状が22日に出されたことで、労働者党(PT)がいよいよ窮地に立たされた。それに先立って行われたイボッピの世論調査では、18年の大統領選へ再出馬が予想されるルーラ氏への拒絶率は61%と、実に3人 […]
  • 東西南北2015年7月28日 東西南北  サンパウロ州の携帯電話の保険機関が発表したデータによると、2014年6月から今年5月にかけて、サンパウロ市で携帯電話を紛失した人の約3分の1(31%)が、バスや地下鉄・CPTMといった公的交通機関の中でのものだったという。また、盗まれる場所としては1位の「セー広場周辺」な […]
  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]