ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 レジストロ平和灯ろう流しでは、昨年までは地元州立小中校の成績優秀な生徒が参加していたが、今年は聖南西の日本語学校生徒に代わった。その理由を尋ねると、学力試験の結果、この地域の公立学校の学力が落ちたことが分かり、今年は本業に集中するようにと教育局から指示があり、この行事への参加が中止となったとか。長い目で見れば「平和教育」も生徒の将来には必要なもの。このような催しは、全伯広しといえど他にない。ぜひ学力を回復して、来年は日語学校の生徒と一緒に合唱して欲しいもの。
     ◎
 慶応大医学部国際医学研究会の37次派遣団が来伯中だ。今回の目玉は非営利組織「EDS」(健康の十字軍)が行う、南北に千キロ、東西800キロに及ぶ地域に点在するシャバンテ族の村々での医療活動への初参加。3人のブログ(blog.livedoor.jp/ima 37th)によれば、先住民の祭りに加わったりサッカー対戦したり、余暇も充実していたよう。ベレンではアマゾニア病院も訪問。当地で活躍する多くの日系人医師の姿に触れ、「日伯の絆の強さを実感した」とか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 令和元年秋の叙勲15人に=日伯交流に尽力した功労者ら=二宮氏「生涯現役で努める」2019年11月5日 令和元年秋の叙勲15人に=日伯交流に尽力した功労者ら=二宮氏「生涯現役で努める」  日本政府は令和元年秋の叙勲受章者を3日に発表した。ブラジル在住者からは邦人3人を含む15人が受勲した。その一人、二宮正人氏(70、長野県)は「日系社会にはもっと素晴らしい功績を上げた方々がいる。その方々を差し置いて受章するのは申し訳ない」と謙遜しつつ、「弁護士も大学教授も通訳 […]
  • 19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で2019年5月21日 19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で  日本政府は21日、2019年(令和元年)春の受勲者を発表した。ブラジルからは邦人7人、外国人12人の計19人が叙勲を受けた。一昨年は7人、昨年は13人と増えているが、在聖総領事館広報によれば「特に増えた理由はありません。審査した結果そうなったということです」とのこと。受勲者の […]
  • 高機能素材で寝具市場に進出=一般向け、医療用を展開2018年2月1日 高機能素材で寝具市場に進出=一般向け、医療用を展開  マットレスやクッションなどの製造・販売を行う株式会社シーエンジ(高岡伸行代表、愛知県)は、独自の高機能素材の優位性を生かして、ブラジル市場に挑戦する。医療用製品は、パラマウントベッドブラジル社(土屋功(いさお)取締役社長)が代理で販売し、12月以降に一般向けに製造開始 […]
  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]
  • リオ五輪が遂に開幕=ブラジル選手団は史上最大=朝から入念な警備体制=音楽やダンスも華やかに2016年8月6日 リオ五輪が遂に開幕=ブラジル選手団は史上最大=朝から入念な警備体制=音楽やダンスも華やかに  5日夜、リオのマラカナン・スタジアムでリオ五輪の開会式が行われ、約2週間に及ぶ五輪が幕を開ける。5日付伯字紙サイトが報じている。 開会式当日は朝から厳戒態勢が敷かれた。国外からは実に45カ国の国賓が訪れた。彼らはリオにある旧大統領官邸に宿泊しているが、この日はこれらの国賓をマ […]