ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 レジストロ平和灯ろう流しでは、昨年までは地元州立小中校の成績優秀な生徒が参加していたが、今年は聖南西の日本語学校生徒に代わった。その理由を尋ねると、学力試験の結果、この地域の公立学校の学力が落ちたことが分かり、今年は本業に集中するようにと教育局から指示があり、この行事への参加が中止となったとか。長い目で見れば「平和教育」も生徒の将来には必要なもの。このような催しは、全伯広しといえど他にない。ぜひ学力を回復して、来年は日語学校の生徒と一緒に合唱して欲しいもの。
     ◎
 慶応大医学部国際医学研究会の37次派遣団が来伯中だ。今回の目玉は非営利組織「EDS」(健康の十字軍)が行う、南北に千キロ、東西800キロに及ぶ地域に点在するシャバンテ族の村々での医療活動への初参加。3人のブログ(blog.livedoor.jp/ima 37th)によれば、先住民の祭りに加わったりサッカー対戦したり、余暇も充実していたよう。ベレンではアマゾニア病院も訪問。当地で活躍する多くの日系人医師の姿に触れ、「日伯の絆の強さを実感した」とか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]
  • 大耳小耳2010年10月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年10月29日付け […]
  • 大耳小耳2011年7月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年7月26日付け […]
  • 青年部間の横の繋がり強化で再活性化を2016年11月17日 青年部間の横の繋がり強化で再活性化を  組織活性化を目的とした青年文協主催の「レヴィー」が先日、20周年を迎えフォーラムを開催した。各地青年部から約100人が集まり、未来を担う若手の取り組みについて話合われた。  地方青年部の中には非日系人の姿も。レジストロ青年部によれば、灯ろう流しで大盛況だった『祭ダンス』は、 […]
  • 《ブラジル》日本文化の継承・普及の戦略立案を=《中》2017年12月13日 《ブラジル》日本文化の継承・普及の戦略立案を=《中》  日本文化の継承・普及戦略の粗筋を考えるにあたって、日本に関するポ語情報をSNSやインターネット、書籍などの形で大量にばら撒いて若い世代を幅広く惹きつけるのを「序」(空中戦)、ジャパン・ハウスや日本語学校、日本文化講座などの施設で実際に対面しながら学んでもらうのを「破」 […]