ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日、アマゾナス州アプイの森林で、12日間行方不明になっていた建築技師のジレーノ・ヴィエイラ・ダ・ロシャさん(65)が発見された。発見時、ジレーノさんの意識は朦朧としており、体は傷だらけだったという。ジレーノさんはアマゾナス州のヴィラ・デ・スクンドゥリでの体育館の建設作業をしていたが、宿泊しているホテルを出たところ、近隣住民とトラブルになり、襲われることを恐れて車2台を使って森林の入り口まで逃げたが、そこから道に迷ってしまった。ジレーノは行方不明になっていた間、みつばちやハエなどを食べて生きながらえていたが、歩き回る内に川辺で靴も無くしていたという。
     ◎
 サッカーの全国選手権でパルメイラスを率いるリカルド・ガレカ監督が追い込まれている。祖国アルゼンチンでの実績を買われ、期待と共に6月に監督に就任したガレカ氏だが、就任後の同杯での成績は6敗1分で、11位だった成績は最下位まで落ちた。きょう23日はパカエンブー・スタジアムでコリチーバ戦が行なわれるが、「これで負けると進退を考えなければならない」と同監督も語りはじめている。創立100周年で2部落ちは避けたいが。
     ◎
 サンパウロ総合大学(USP)やサンタカーザ医大の入試であるFUVESTの受付が22日からはじまった。受付は公式サイトで行ない、締め切りは9月8日。15年度は合計1万1177人の学生を両校で募集している。今年はUSPの教職員デモやサンタカーザ病院の財政破綻が問題となったが、それらの影響はあるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • 東西南北2021年4月9日 東西南北  昨日付でも報じたように、サンパウロ州はワッツアップと組んで、コロナワクチン接種のための事前登録を受け付けている。7日の発表後、既にかなりの人が事前登録を行ったようだ。ワッツアップを利用したい人は、「+551195220-2923」に「Oi(こんにちは)」と書いて送ると、A接種 […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]