ホーム | 日系社会ニュース | 原野拘束を州政府謝罪すべき=アドリアノ・ジョーゴサンパウロ州議=「原爆は市民虐殺の戦争犯罪」
「原野は見せしめ逮捕」と憤るジョーゴ聖州議
「原野は見せしめ逮捕」と憤るジョーゴ聖州議

原野拘束を州政府謝罪すべき=アドリアノ・ジョーゴサンパウロ州議=「原爆は市民虐殺の戦争犯罪」

 「原野秀樹は何の証拠もないのに、組合関係や活動家の間では知られた存在だったから、見せしめのために政治的に逮捕された。まるで軍政の頃を思わせるようなやり口だ」。18日に来社したアドリアノ・ジョーゴサンパウロ州議(65、PT)は、そう憤った。
 拘置所の原野さんに面会した唯一の政治家だと自認し、「日系政治家はもっと原野の件を問題視する発言をしてもいい」と嘆く。軍政時代に活動家として拷問を受けた経験があり、この種の事件に敏感に反応する。
 「爆発物を持っていなかったことが証明されことに関し、1カ月以上も拘留したことを州政府は謝るべきだ」と手厳しい。「原野は解放されたが安心はできない。原野はまだ告訴されている最中であり、実刑判決を受ける可能性もある」と警告する。「彼はマスクもせず、ただ参加していただけ。この裁判が結審するまで4、5年かかる。その間、原野はどんな抗議行動にも参加できない。これはキツイ処置だ」と指摘する。
 「W杯前後から軍警は急に態度を硬化させ、原野の件にも見られるような不当拘留も辞さない方向になった。この事件で、何もしていないのに拘留される可能性があるとの危機感がデモ参加者の間に生まれ、参加者がすごく減った。証拠もなく逮捕され刑事裁判にされる可能性があるという状況はおかしい」と語り、ジョーゴ州議は「民主的なデモ行動や言論の自由が脅かされている」と危惧する。
 日系とのつながりに関して「日系人や日本の歴史には学生時代から強い共感を持っていた」と振り返る。父がポルトガル系、母がイタリア系移民で、移民子孫としてルーツを大切にしてきた。
 長崎・広島の原爆投下に関しては学生時代に調査してから、「何十万人もの非戦闘員、市民を虐殺した非人道的な兵器だ。それに沖縄の上陸戦でも無数の一般人を虐殺した。本来なら戦争犯罪を扱う国際法廷で裁かれるべき案件」と憤ってきた。「日系政治家は保守派が多く、あまり原爆や米国の戦争犯罪について語らないのが残念だ」。
 軍政時代の人権侵害を追求する真相究明委員会のサンパウロ州委員長として、「ヴァルガス独裁政権時代の日本移民迫害」の公聴会開催を決断し、国レベルの同委員会の代表者から謝罪を引き出すことに尽力した。同州議はブラジル近代史の中に日本移民史を位置付ける重要な役割を果たしてきた。
 日系人への共感は厚いが、連邦下議に立候補している10月の選挙では「私に日系票が入らないことは重々承知している」と笑い飛ばした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 日本人学校の皆さんと福祉団体の代表者達2014年7月15日 サンパウロ日本人学校=39年目の寄付活動=福祉団体、日語センターへ  サンパウロ市カンポリンポ区のサンパウロ日本人学校(村石好男校長)が、「愛の募金活動」により父兄から寄せられた寄付金・物品を、日系福祉施設の5団体に寄付した。1日昼、援協の駐車場で贈呈式が行われた。 PTA社会奉仕部(矢澤正子部長)が毎年実施しており、今年で39回目。衣類、 […]
  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 本日いよいよリオ五輪開幕=心配されるテメルへの野次=周辺でもデモ多発の予定=何事もなく開催できるか2016年8月5日 本日いよいよリオ五輪開幕=心配されるテメルへの野次=周辺でもデモ多発の予定=何事もなく開催できるか  今日5日、リオ五輪の開会式がリオ市のマラカナン・スタジアムで行われる。開会式では、ミシェル・テメル大統領代行に関して混乱が起きぬよう、警備が厳重に行われる模様だ。4日付伯字紙が報じている。 テロなどの心配も残されているリオ五輪の開会式であるが、警備側がもっとも恐れているのは、 […]