ホーム | コラム | 樹海 | 実は日本文化に造詣が深いレミンスキー

実は日本文化に造詣が深いレミンスキー

 写真を見るとクィーンのフレディ・マーキュリーに雰囲気が似ていないこともない詩人の故パウロ・レミンスキーは実験的な詩を書き、ヒッピー世代のカウンターカルチャーを象徴する人物の一人だったようだ。文学好きの友人の中では好きだという人が多く、書店でもよく著書を見かける人気の詩人だ。今年生誕70周年を迎え、出身地クリチーバでは記念の催しが行われた▼活動の幅が広かったレミンスキーは、実は日本文化との関わりもあった。柔道の黒帯所持者で、日本語を学びポ語訳もしていた。しかもその選択が渋く、三島由紀夫の自伝的随筆『太陽と鉄』を翻訳しており、松尾芭蕉の伝記も書いた。ブラジルで人気の詩人は、三島や芭蕉をどのように表現したのだろうか▼日本移民の歴史は106年になるが、移民やその子孫が登場するブラジルの文学は、イタリアやドイツ移民等に比べると少ないと言われる。だが、近年ではデカセギのアイデンティティ模様を描いたブラジル人現代作家による小説などもある。日系人の存在感は、当地の文学界でも着目されるようになってきたのかもしれない▼現代日本文学のポ語訳も、意欲的な翻訳家の活躍で増えてきた。しかし、まだ出版されていない『人間失格』のポ語訳を校正しているという友人は「英語からの翻訳で、日本語がわからない人が訳したみたいで間違いが多すぎる」とぼやいていた。翻訳の質に徹底してこだわるか、少々の誤訳はあってもされることに意義があるとみるか、意見は分かれそうだが、両国の価値ある文学がより紹介され、広く浸透することを願うのみだ。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想2008年7月5日 コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  コロニア新世紀を迎えた今、ブラジルは空前の日本ブーム。日本食はもちろんのこと、高まる日本語熱、そして、様々な日本文化の影響は、すでにこの国の多様性を語るには欠かせない要素となっている。百年をかけて浸透し、ブラジル化した〃日系文化〃が […]
  • コロニア10大ニュース2009年12月29日 コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2009年12月29日付け […]
  • 2008年6月20日 「全パラナ日系人集まれ」=22日ローランジャ式典へ=盛りだくさん百周年 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  「ぜひパラナ州の全日系人が集まって記念すべき日を祝いましょう」。西森ルイス同州百周年委員会委員長(州議)は呼びかける。国内第二の日系人口を誇る州内には、七十もの日系団体がある。それを束ねるパラナ日伯文化連合会(リーガ・ […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 2007年12月29日 ニッケイ新聞編集部が選んだ=2007年コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2007年12月29日付け  「猪突猛進」の勢いで始まった二〇〇七年も暮れようとしている。「百周年への仕上げの年」と位置付けられた今年、国内各地で来年に向けた準備が急ピッチで進んだ。現在、かつてないほどの記念事業が進行しているが、サンパウロはもう一つ元気がな […]