ホーム | 文芸 | 連載小説 | 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香 | 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=3

花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=3

 ミヨ子女史は青年と花嫁候補に対して、終始親身であり手を抜くことはなく、どんな労をも惜しまなかったと「ききよう会報」は紹介している。
 小南ミヨ子女史が亡くなってその四十九日が営まれたことは、新聞記事で後に知ったことであるが、今年二〇〇七年三月二十五日の一周忌は、その事前に知り、曹洞禅宗仏心寺へ行き参拝させてもらうことができた。日本からミヨ子女史の片腕だったという母娘も参加されていた。
 「ききょう会」の会員として花嫁移民の連帯感と結束は強く、それは小南ミヨ子女史氏を慕う気持ちと相まっていると感じられ、この一周忌には遠くはミナス州や、サンタカタリーナ州サンパウロ近郊から参加した人もいる。サンパウロ市内に住む人はほんの数人だった。
 そして、その夫たちも十人ほどが参加され、計五十三名が仏心寺を出たあとに昼食を共にし、そのあとさらに東京農大会館に席をかえてミヨ子女史の思い出を歓談しあった。私はその仲間にいれてもらって数時間すごしたが、司会者の、
 「ブラジルに来て良かったと思う人?」という質問に全員が手を上げるのを見た。彼女たちの話を聞くと、ミヨ子女史自身は身なりにもあまり頓着しなかったようだ。
 「チビタ下駄を履き、外務省内をカタカタと歩いていた」と会長の大島純子は懐かしそうに言う。この人柄が、移住して幸せな生活をした者ばかりでなく、幸せだったとはとてもいえない人達をも、ミヨ子女史氏を実母のように慕わせる要因となっているのだろう。

 花嫁達が移住した後もミヨ子女史が世話をしたというエピソードの一つとして、佐藤和江(千葉県出身十回生)は、
 「娘を日本の幼稚園に六ヵ月やったのですが、先生にすごく可愛がって貰った」と語っている。ミヨ子氏にとって実の孫のような可愛い思いがあったのだろう。
 花嫁を送り出す時代が終わったあとは、佐藤和江の例のように、その花嫁の十三歳から十五歳の娘たちを毎回十五人ずつ日本に招き、一ケ月ほど神奈川県茅ケ崎市の中学校に体験入学させ、そして花嫁達の当時と同じ「よき日本の躾」を続けたそうだが、一九九八年に自宅の階段から落ち、脊髄を損傷して、以後は寝たきりになっていたとのことである。           
 お亡くなりになられたのは二〇〇七年二月十八日、九十六歳。福島県若松市出身で、日本女子大学卒業。一九八十年に勲五等宝冠章、八十五年吉川英治文化賞、神奈川県文化賞を受賞された。
 
 小南ミヨ子女史に送り出された移住花嫁の他に、個人的な縁で移住した花嫁も多い。それは訪日できる生活の余裕ができた知人に
 「日本に行ったら嫁さんを探してきて欲しい」と頼み、それを実現した例、または青年自身が訪日して花嫁となる人を探した例、さらには私のように縁戚にある者が花嫁として移住した例などがある。
 私の移住の動機や移住後のことを書きながら、おなじ船できた花嫁たちのこと、「ききょう会」の花嫁のこと、コチア青年移民と呼ばれる農産業組合の青年たちへ嫁入りした花嫁のことなどの、その様々な移住後を書いていくことにする。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に2021年6月17日 さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に  60代以上はワクチン接種を終え、これまで頑なに家族から対面で会うことを止められてきた人々も、各自の判断で旧交を温める動きが出始めている。そんな14日、1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者らが互いに呼びかけ、猫塚司さん(78、岩手県出身)、中沢宏一さん(78 […]
  • ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん2021年5月4日 ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん  「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque […]
  • 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承2021年4月7日 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承  フェイラには真っ赤に熟れた柿が並んでいる。生産者の大半は日系人だ。その代表的な一人、ピエダーデ市で高品質な柿や栗などを生産する益田照夫さん(79歳・愛媛県)を取材した。  益田さんの生産物は聖市の台所、中央卸売市場「セアゼスピ」で卸売されている。柿の収穫期の現在は週 […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和2020年12月24日 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和  戦前移民19万人、戦後移民6万人とか7万人と言われる。日系190万人、海外最大の日系社会である。1957年から1962年の5年間が戦後移住者のピークで、1964年の東京オリンピックを機に日本は高度経済成長期に入って移住者が激減し、新しく移住してくる人が途切れて50年。戦後青年 […]