ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 サンパウロ市地下鉄4号線(黄色)が7日の日曜日、パウリスタとファリア・リマを結ぶ区間を運行休止する。地下鉄公社ではイジエノポリス・マッケンジー、オスカー・フレイレ、フラジキ・コウチーニョ、サンパウロ―モルンビー、ヴィラ・ソニアの5駅の工事を進めており、9月以降の週末の運休が増えるとか。これは現職サンパウロ州知事の「仕事してます」という選挙アピールになるか、それとも逆アピールか。いずれにせよ、運行休止区画はバスが運行するが、地下鉄を利用する方は余裕を持ってお出かけを。
     ◎
 菊地義治夫人のマリーザさんは、2月16日にすい臓炎が原因の多臓器不全で心肺が20分間も停止したという。奇跡的に息を吹き返した後も60日間集中治療室で治療を受けた。幸いにも後遺症は残らず、外務大臣表彰伝達式には元気な姿を見せた。「いつも人のことばかり面倒見て―と主人に不満を持つこともあったけど、入院中は毎日家族が見舞いに来てくれて、彼の家族への思いも知ることが出来た。あれからは、主人を応援したい気持ちで一杯」と笑顔で菊地さんの受賞を喜んだ。
     ◎
 日本の交通網事情だが、東京の渋谷と羽田空港を30分以内で結ぶ新路線を検討中とか。20年東京五輪に向けた動きで、日本テレビなどがその可能性を報じている。現行では同区間は4~50分だが、国際線を増やしている羽田空港と、都心への移動がさらに時間短縮となれば、世界との距離も近くなりそう。そういえば当地サンパウロの方も、前々から話題になっているグアルーリョス国際空港への鉄道建設は、いつごろに叶うのだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ