ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 1985年頃から列聖申請が始まった中村ドミンゴス長八神父は1865年に、長崎県松浦郡の隠れキリシタンの末裔として生まれた。長崎大浦神学校で学び、1897年に司祭になった。多くの隠れキリシタンの子孫がカトリック大国ブラジルへ移住したが、ポ語でのミサが難しく、日本語で司祭できる神父を望んでいた。そのため、ローマ教皇庁布教省は布教師を募集したが、希望者がおらず、高齢ゆえに最初は辞退していた中村神父(当時58歳)が赴くことになった。「日本初の海外布教使」として当地に渡り、日系人への伝道の旅に全身全霊を捧げ、アルヴァレス・マッシャードで1940年3月3月14日に74歳で亡くなった。その功績に対し、1938年に、ピオ11世法王よりグレゴリオ大褒章が贈られた。
     ◎
 ドナ・マルガリーダに関する思い出、逸話、中でも不思議な出来事や奇跡かもと思われるような話あれば、ぜひ編集部まで投稿をお願いしたい。自分自身でなく、「親からこんな話を聞いた」「知り合いからこんな体験談を聞いた」というものでも可能。適時掲載していく。同様に中村長八神父の思い出や出来事なども、どんどんお寄せ下さい。
     ◎
 菊地義治夫人のマリーザさんは、2月16日にすい臓炎が原因の多臓器不全で心肺が20分間も停止したという。奇跡的に息を吹き返した後も60日間集中治療室で治療を受けた。幸いにも後遺症は残らず、外務大臣表彰伝達式には元気な姿を見せた。「いつも人のことばかり面倒見て―と主人に不満を持つこともあったけど、入院中は毎日家族が見舞いに来てくれて、彼の家族への思いも知ることが出来た。あれからは、主人を応援したい気持ちで一杯」と笑顔で菊地さんの受賞を喜んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 聖南西総会=15カ月ぶりに対面開催=なんとか生き残る傘下団体=レジストロ仏教婦人会は料理販売を毎月2021年6月8日 聖南西総会=15カ月ぶりに対面開催=なんとか生き残る傘下団体=レジストロ仏教婦人会は料理販売を毎月  「役員会はオンライン開催していましたが、みんな顔が見たいと想いから、2度3度延期となりましたが今回ようやく対面で開催できました」――聖州イビウナ市で開催された聖南西文化体育連盟(UCES)の定期総会後、そう、山村敏明会長は経緯を語った。通常ならば1月に開催だった同連盟 […]
  • 《ブラジル》交響楽団がパンデミック下初の舞台演奏=コンサートの録画を公開2021年5月28日 《ブラジル》交響楽団がパンデミック下初の舞台演奏=コンサートの録画を公開  ブラジル交響楽団(OSB)が20日、新型コロナのパンデミックが始まって以来初めて、舞台で演奏したコンサートを録画し、26日から公式サイトで公開と26日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  OSBはパンデミックが始まってからずっと社会隔離を守り、練習は100%リモ […]
  • 東西南北2021年4月7日 東西南北  3月26日から4月4日にかけて、サンパウロ市では「フェリアドン」と呼ばれる大型10連休が実施された。サンパウロ市の公共交通機関ではその間、乗客数がおよそ3分の1減ったという。この期間中、市内のバスや地下鉄、CPTMでは1日平均123万8千人の利用があったが、それは赤レベル実施 […]
  • 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹2021年3月17日 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹  新型コロナの感染が始まって以来、1年近く会えなかった74歳の双子の姉妹が、予防接種会場で再会した。  約1年ぶりとなる再会を果たしたのは、連邦直轄区在住のサンドラ・マリア・ヴァレンテさんとシェイラ・マリア・アルブケルケさんだ。  いつも一緒にいたのに、300日以上 […]
  • 《ブラジル》大統領本人にも不正所得疑惑浮上=下議時代に幽霊職員から給与をキックバック?=捜査対象になる可能性も2021年3月17日 《ブラジル》大統領本人にも不正所得疑惑浮上=下議時代に幽霊職員から給与をキックバック?=捜査対象になる可能性も  長男フラヴィオ上議にかけられている幽霊職員の給与をキックバックさせる不正所得疑惑「ラシャジーニャ」が、ボルソナロ大統領本人にまで及んでいることが報じられている。15、16日付現地紙、サイトが報じている。  ボルソナロ大統領もラシャジーニャを行っていた可能性があるとス […]