樹海

 サンパウロ市南部のファヴェーラで7日夜起きた火災では、最初に駆けつけた消防車2台に水がなく、消火栓も2年前の設置時から問題があって初期消火が遅れた▼干ばつのために火災が起きても消火活動が思うように出来ない例は全国で見られるが、6日付エスタード紙によれば、全国100市で調べたところ、浄水場で処理した水の45%が無駄になっている市は40市。11市では60%以上を失っている▼2012年のサンパウロ市では消費者に届く前に消える処理済の水が32・1%とも36・3%ともいわれているが、いずれにせよ、大量の水が盗まれたり漏れたりして消えている事は確かだ。大サンパウロ市圏の水道管の17%は40年以上使われており、中には80年以上というものもあるとか▼「全国の大都市では39・43%の水が無駄になっており、全国平均の36・9%以上」とか「調査した自治体の90%は改善率が10%以下」等の数字を目にした時には、現在の水不足は人災だと考え込んでしまった▼6日に車庫の扉を動かすワイヤーが切れて7日に修理をした人がいるが、電動式の扉のワイヤーの寿命は5年程度なのに12年目で初めて切れたと聞き、5日付2面で触れた「ヨセフ効果」の事を思い出した▼エジプトの王が見た、肥えた牛7頭をやせた牛7頭が飲み込んだという夢を、7年の豊作の後に7年の凶作が来ると解き明かしたのがヨセフだ。降雨量が多い時期と干ばつ期が35~40年周期で起きるという説が本当なら、現在は干ばつ期の初期。庭を洗う人や道路の割れ目から流れる水にため息をつく一方、雨が多い時に貯水池造成を怠った為政者にも呟きたくなる自分がいる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ルーテル教会バザー=中古衣類を大量入荷!=食堂も充実、21日2013年4月17日 ルーテル教会バザー=中古衣類を大量入荷!=食堂も充実、21日 ニッケイ新聞 2013年4月17日  日系ルーテル・サンパウロ協会(徳弘浩隆牧師)が『4月のバザー』を21日午前10時から、同教会(Rua Pandia Calogeras, 54, Liberdade)で開く。午後3時まで。 […]
  • 全伯で百周年記念事業が進行中=おもな計画を一気に紹介=各地に日本庭園や記念誌など2008年1月1日 全伯で百周年記念事業が進行中=おもな計画を一気に紹介=各地に日本庭園や記念誌など ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  移り来て一世紀――。海を渡った日本移民とその子孫たちは、百年にわたり、ここブラジルの社会に様々なものを残してきた。古くは五十周年を機に実現したサンパウロの文協ビル(文化センター)のような建築物、日本庭園や鳥居、記念碑や資料館、さらに […]
  • 倫理研究所USA所長が講演=飯田氏「使用前、使用後」2017年4月29日 倫理研究所USA所長が講演=飯田氏「使用前、使用後」  ブラジル倫理の会(須郷清孝会長)が6日午前8時半からリベルダーデ区のニッケイ・パラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • コラム オーリャ!2003年2月22日 コラム オーリャ!  空想の世界の人物が時に現実として姿を表すことがある。  熱血教師を描いたTVドラマ「金八先生」。多感な中学生を受け持つ主人公が、生徒との摩擦や対立を乗り越える「師弟愛」の物語だ。 […]
  • アルゼンチンでゼネスト=伯亜間の航空便もキャンセル2015年6月10日 アルゼンチンでゼネスト=伯亜間の航空便もキャンセル  アルゼンチンで9日、クリスチーナ大統領就任後5度目となるゼネストが行われ、ブラジルでも航空便キャンセルなどの影響が出たと9日付伯字紙サイトが報じた。 3月に続く今年2度目の24時間ストは、一般労働者への給与調整上限を現行の27%以上に引き上げる事を求めたもので、バスや電車 […]