ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | みんなで楽しむ「子供の日」

みんなで楽しむ「子供の日」

 ブラジルでは、10月12日が「Dia das crianças(こどもの日)」でした。日本では、5月5日のこどもの日は、現在も端午の節句として、男の子が強く逞しく成長することを願って兜や鯉のぼりを飾ったり、ちまきを食べたり、菖蒲湯に入ったりしますよね。

スーパーにて

スーパーにて

 ブラジルのこどもの日は、各地でこどもたちが楽しめるようなイベントが開催され、親がこどもにおもちゃなどプレゼントする、こどもたちにとってお楽しみの日です。この日が近づくと、おもちゃ屋さんは大々的にこどもの日キャンペーンを始め、スーパーなどでも特設コーナーが設けられおもちゃが並びます。
 さらに、こどもの日の数日前から友人知人のFacebookやTwitterのプロフィール写真がこどもの頃の写真に。昨年はブラジルで初めてこどもの日を迎えたので、急に次々とブラジルの友人たちのプロフィール写真がこどもの頃の写真になり不思議に思っていましたが、2回目の今年はこのことを知って迎えたので「今年も来た来た!」と微笑ましく見ていました。近年流行っているようで、ジルマ大統領もFacebookやTwitterのプロフィール写真をこどもの頃の写真に変えていました。

イピランガ公園

イピランガ公園

 ちなみに10月12日は、「聖母アパレシーダの日」というキリスト教の祭日でもあります。サンパウロとリオデジャネイロの間にあるアパレシーダという町には、この日ブラジル全国から熱心なキリスト教信者が巡礼に訪れます。
 今年はとても天気が良かったので、どこもかしこも親子連れで大混雑! 8ヶ月の息子がいる我が家は、この日近場のイピランガ公園で過ごしました。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ