ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | 興味津々!ブラジル大統領選挙

興味津々!ブラジル大統領選挙

 10月5日の日曜日、ブラジルでは総選挙が行われました。日本人の私はブラジルでは選挙権がありませんが、選挙の結果は気になりながら、この日友人宅にてまたしてもシュラスコを楽しんでおりました。ブラジルで経験する初めての大統領選。日本の選挙との違いに驚いたり、周りのブラジル人の見解を聞いたり。

 ブラジルは、直接選挙。投票は18歳から69歳の国民の義務で、行かないと罰則があります。(どうにもならない事情で行けない場合は理由を申し立てます)

 投票は電子化されていて、モニター画面の横に番号のボタンがあるATMの様な機械で投票します。それぞれの候補者には番号が付けられていて、投票の際はその番号を押します。各地域の学校などが投票所となり、終日大勢の有権者で賑わっていました。

選挙の日もシュラスコ

選挙の日もシュラスコ

 昨年のサッカー・コンフェデレーションズ杯開催時に起きたデモは、今年行われたW杯でさらに拡大。その後も国民の不満がくすぶる中突入した選挙戦。今回の大統領選では、候補者のひとりでブラジル社会党党首エドゥアルド・カンポス氏が8月13日に飛行機墜落事故で亡くなり、ブラジル中が衝撃を受けました。

 そして、カンポス氏に代わって出馬した女性候補マリナ・シルバ氏の躍進。アマゾンの奥地で育ち、16歳まで読み書きが出来ず、その後高校教育までを4年で終え、大学へ進み、上院議員となったシルバ氏。小柄で華奢ながら強い眼差しと姿勢で討論やインタビューに臨む姿は、とてもインパクトがありました。現職ジルマ・ルセフ大統領はブラジル初の女性大統領ですが、今回大統領戦を争った中心人物3人のうち2人が女性というのも新鮮でした。

 一次投票の結果は、いずれの候補者も過半数を獲得しなかったことから、ルセフ大統領と2位のネーヴェス氏が26日に行われる決選投票に進むこととなりました。決選投票でもルセフ大統領優勢と伝えられていますが、票の流れやいかに。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]
  • 焚火祭はフェスタ・ジュニーナ(6月祭)のことで、田舎風に装った若い人たちが集まり、大きな焚き火を囲み、大鍋でピンガに香料や砂糖を入れて煮るケントンを呑み、歌い踊ったりする。2015年7月13日 ニッケイ俳壇(846)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 迷い入れし冥土の如く寒夕焼枯れるもの枯れ麻州野は夕焼けて風止みしこの静けさも夜の秋珈琲園耳の短い兎住む鋤焼きの最後は餅を入れて食ふ【一九一五年十月三日生れで、この十月で百才になられる。一字も正しく書いて下さる。字がまともに書け […]
  • ブラジルでも楽しめるお花見2014年3月20日 ブラジルでも楽しめるお花見 ニッケイ新聞 2014年3月20日 日本はそろそろ桜が咲き始めている頃でしょうか。 社会人になってから、どういうわけか突如桜の花をこよなく愛するようになり、それまで花より団子派だったのが一変、毎年桜の季節を待ちわびるようになりました。そして桜が咲いている間は、毎日通勤時に赤 […]
  • 2011年2月9日 65年前の恩讐を超えて=当事者脇山パウロが語るあの日=《4》=ジャズ愛した大佐の息子=脇山家に訪れた運命の夜 ニッケイ新聞 2011年2月9日付け  運命の日——1946年6月2日午後7時ごろ、まだ9歳だった脇山パウロさんは4歳年上のお姉さんと一緒にお客さんだと思って、玄関の戸を開けた。張り詰めた空気をまとった青年4人が祖父を訪ねてきていた。    ◎   ◎ […]