ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | 日本残念…でも、ありがとう!

日本残念…でも、ありがとう!

大会中PVがあり多くの日本人も集うOctavio Caféにて

大会中PVがあり多くの日本人も集うOctavio Caféにて

 W杯開幕後、ブラジル最大のテレビ局TVGloboでは、中継に次ぐ中継。ニュースや情報番組でも日々注目の試合や、ブラジル代表の様子を伝えています。そして街中にある売店には、W杯についての一面記事が踊る新聞や雑誌が並び、その日の対戦国によって町の雰囲気が少しずつ違う気がします。
 もちろんブラジル戦の日は、試合中は町がガラガラ。試合開始とブラジル得点時には、歓声、爆竹、花火、クラクションの嵐です。
 これまでと違い、ブラジルに住んでいる今、私は日本とブラジル両方を応援しているので、大忙しです。日本のユニフォームを着たり、ブラジルのユニフォームを着たり。ブラジル戦の日は、試合開始に向けて、渋滞や混雑の時間帯を加味しながら、一日のスケジュールを組み立てます。サッカーの試合に向けて一日を過ごす様になるなんて、私にとってはブラジルにいるからこそ。少しずつブラジルに染まりつつあるかもしれません。
 ご存知ブラジルには多くの日系人がいます。周りにいる日系ブラジル人の友人にブラジルと日本どちらを応援しているか聞くと、たいてい「両方!」という答えが返って来ます。2世や3世の方で、日本に行ったことが無かったり、ポルトガル語のみを話す方も、ほとんどが両方を応援しています。日本を大切に思う気持ちが先代から脈々と受け継がれていることの象徴の様です。日本とブラジルが対戦した場合どちらを応援するか伺うと、「ブラジル!」なのだそうです。
 日本はブラジル時間24日のコロンビア戦に破れ、1次リーグ敗退となってしまいました。悔しい限りですが、ブラジルで迎えた今回のW杯カップでは多くのブラジル人、日系人、日本人による熱い応援を目にしました。
 地球の反対側という距離をものともせず、むしろその距離が更なる応援の熱を生んだ様に感じました。ニッポン代表のブラジル到着、キャンプ地入り、ソロカバでの公開練習、日本人学校のこどもたちとの交流。そして、レシフェ、ナタール、クイアバでの試合。ブラジルで暮らす日本人にたくさんの思い出をくれました。
 ブラジルでは、敗退することを「ir embora」「(国に)帰る」と表現します。なんとも厳しい表現だとも思いましたが、ブラジルでの闘いを終え日本に帰る代表そしてサポーターの皆さんに感謝の気持ちを込めて拍手を贈ります。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカーW杯開幕まであと1ヶ月!2014年5月8日 サッカーW杯開幕まであと1ヶ月!  W杯ブラジル大会まで、あとおよそ1ヶ月!ブラジルもようやく盛り上がって来たといえるでしょうか。というのも、ご存知の通りスタジアムなど工事の遅れやW杯反対デモもあり、最近まで開催を楽しみに待ちわびる盛り上がりと不満や懸念が入り交じる混沌とした雰囲気があったように感じていまし […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボウソナロ政権内で、ボウソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボウソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]