ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | パウロ・コエーリョを原語で読む!

パウロ・コエーリョを原語で読む!

 サッカーのペレ、F1のアイルトン・セナ、建築家オスカー・ニーマイヤー、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン・・・世界に名の知れたブラジル出身の偉人はたくさんいます。作詞家、小説家のパウロ・コエーリョもその一人。私が初めて読んだブラジル人作家によるポルトガル語の本は、パウロ・コエーリョの作品でした。
 1947年にリオデジャネイロで産まれたパウロ・コエーリョは、大学の法学部を中退し、3年かけて世界各地を旅します。そしてブラジルに戻った後、作詞家として成功を収め、1974年に反政府運動の疑いで投獄されますが、出獄後はレコード制作に携わります。5年後、再び世界を巡る旅へ。この旅での出会いや出来後が作家としての基盤となったそうです。
 私が初めて読んだのはパウロ・コエーリョ2作目の作品『O Alchemista(アルケミスト 夢を旅した少年)』。出版された1988年にブラジル国内で20万冊を超える大ベストセラーとなり、フランスやイタリア、アメリカなどでも何度もベストセラーランキングで1位を獲得。各国で文学賞を受賞しています。

本を手に

本を手に

 ブラジルに来て間もない頃、1日3ページずつ読めばおよそ3ヶ月で読み終わる計算で、万里の道も一歩からと辞書を片手に読み始めたのでした。最初はほとんどの単語を調べながら。

 羊飼いの少年サンチャゴが、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドを目指す旅を通して人生の知恵を学ぶという物語。元々はポルトガル語勉強のモチベーションを上げるために始めたのですが、エキゾチックで神秘的な物語の面白さにすっかり魅了され、毎日の読書タイムが楽しみになりました。
 人生の何かを変えたい時、新しいことを始めるのに恐れや躊躇する気持ちがある時、この本で語られたエピソードを思い出します。私にとって、とても想い出深い作品となりました。角川文庫より日本語版も出版されています。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2014年11月20日 スタジアムでサッカー観戦!  ブラジルに来てはや2年。昨年6月に行われたコンフェデ杯は、ブラジリアへ日本対ブラジル戦の応援に行きましたが、世界有数のサッカー大国に住んでいながら、あろうことかサッカークラブチームの試合はスタジアムで観戦したことがありませんでした。いつか行きたいとずっと想い続ける中、つい […]
  • やって来ました!2014年9月18日 ブラジルキリンビールを見学!  サンパウロ中心部から車でおよそ1時間半のイトゥ市にあるブラジルキリンの工場見学に行って来ました! イトゥ市といえば、今年サッカーW杯で日本代表のキャンプ地だった場所として日本でも覚えている方が多いのではないでしょうか。  現在子育て中につきビールを楽しむこと […]
  • 竹内香苗のブラジルだより2014年2月2日 サンパウロからこんにちは ニッケイ新聞 2014年2月2日 ニッケイ新聞WEBの読者のみなさん、はじめまして! この度ご縁あって、こちらにて文章を綴らせて頂けることになりました。 サンパウロに来ておよそ1年。主婦兼フリーアナウンサーとして日々過ごしております。 ブラジルに住むことになるとは夢にも思わず […]
  • 大会中PVがあり多くの日本人も集うOctavio Caféにて2014年6月26日 日本残念…でも、ありがとう!  W杯開幕後、ブラジル最大のテレビ局TVGloboでは、中継に次ぐ中継。ニュースや情報番組でも日々注目の試合や、ブラジル代表の様子を伝えています。そして街中にある売店には、W杯についての一面記事が踊る新聞や雑誌が並び、その日の対戦国によって町の雰囲気が少しずつ違 […]
  • 小さなコーヒー満喫中2014年7月24日 ブラジルのコーヒー事情  ブラジルといえばコーヒー! サッカーやサンバカーニバルと並び、ブラジルーと聞いて思い浮かぶもののひとつでしょう。私もブラジルに来て美味しいコーヒーにたくさん出会いました。サンパウロ中心地から1時間半程車で走ったところにある南米最大の港町サントスには、コーヒー博物館もありま […]