ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日午後3時頃、サンパウロ市中央部の市立劇場の前で、ジウマ大統領の支持者たちとアエシオ・ネーヴェスの支持者たちが殴り合いの喧嘩を行った。喧嘩の際、両グループ共に大きなキャンペーンの旗を持っていたため、通行人から大きな関心を集めた。これは、ジウマ氏支援者が劇場前で2台のバスを使って屋台を組み、ジウマ氏のキャンペーン道具の配布を行っていたところにアエシオ氏支援者のグループが侵入したことで起こった。市警備隊によると、どちらが先に暴力行為をはじめたのかは不明だという。サッカーの応援団風ではあるが、ブラジルではこうした争いが大統領選をめぐってさえ起こる。
     ◎
 22日夜、大サンパウロ市圏ヴィニェード市の遊園地ホッピ・ハリでアラストン(根こそぎ強盗)が起こった。先月の事件から1カ月以内に2度目の事件では3人が逮捕され、未成年者2人も拘留された。窃盗犯達は武器を持たず、15の携帯電話と689レアルの現金、クレジットカード1枚を奪い逃げようとしたが、駆けつけた軍警に現行犯逮捕された。ホッピ・ハリ側は「アラストンではなく、窃盗で園の警備員が解決済み」と文書で示している。
     ◎
 26日は大統領選と14州の知事選の決選投票があるため、5日同様行事が少なくなっている。それはサッカーの全国選手権に関しても同様で、第31節は今日25日に一気に行われる。注目のカードはパカエンブー・スタジアムでのクラシコ、コリンチャンス対パルメイラス戦。一国の国家元首や知事を決める前日だけに、過度な乱闘は控えていただきたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]
  • 東西南北2016年8月6日 東西南北  5日、ついにリオ五輪がはじまった。2009年の10月の決定以来、待つこと約6年10カ月。長いように見えた期間も、いざ大会が近づいてみるとバタバタで、とても「準備万端」とは言いがたい。5日の当日になっても、マラカナン・スタジアムの周辺ではテメル大統領代行への抗議デモが発生。その […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 東西南北2016年4月20日 東西南北  ブラジルではまだ、17日の下院でのジウマ大統領に対する罷免投票の余韻が残っているが、ダッタフォーリャが15~17日に行った最新調査によると、ジウマ氏の罷免賛成派の59%、反対派では79%がテメル副大統領の罷免という考えに賛成だという。ちなみに反対は前者で37%、後者で14%だ […]