ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10月31日付アゴラ紙によると、聖市では、現在のフェルナンド・ハダジ市長になって以来、アスファルトの再舗装工事の量が大幅に減っているという。これを前任のジルベルト・カサビ市長の最後の2年と比較すると、11年、12年は月ごとの再舗装の道路の長さはそれぞれ28・5キロ、17・6キロだったのに対し、ハダジ市長就任後は13年が4・9キロ、14年も9月現在で6・6キロに止まっているという。市によると、ハダジ市長の任期の終わる16年いっぱいには750キロの再舗装を行なう予定というが、現時点ではまだ120キロ前後。道路上の安全も考えていただきたいが。
     ◎
 大聖市圏サントアンドレと聖市東部ヴィラ・プルデンテでは、市民が同じトラブルで頭を抱えている。それは電信柱から電線が道路まで垂れ下がっていることだ。両ケースとも、電信柱の交換工事が終わってから発生したものだという。特に後者の件に至っては、通りかかったトラックが垂れ下がった電線を引っ掛け、その勢いで電信柱が倒れる事態まで起きている。電線の処理の責任もたらい回しで、解決されないままだというが、歩いていて感電は勘弁したいところだ。
     ◎
 10月31日、グローボ局の深夜番組の名司会者、ジョー・ソアレスの息子ラファエルさんが死去した。50歳だった。死因についてはまだ明らかにされていないが、ラファエルさんが強度の自閉症を患っていたことは周知の事実だ。ジョーは6月から2カ月間体調不良で入院していたが、精神面のショックがないか心配されるところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月31日 東西南北  本日付本紙でも報じているように、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長の人気は大統領候補として考慮されるまでに至っている。パラナー・ペスキーザという調査団体の最新アンケートによると、サンパウロ市民の70・3%がドリア市長の市政を好意的に捉えているという。若年層の人気はとりわけ高く […]
  • 東西南北2015年1月14日 東西南北  現在、大西洋上に存在する南大西洋熱帯高気圧(ASAS)の影響で、リオ、ミナス・ジェライス、エスピリトサントの南東伯3州が記録的な高温と旱魃に襲われている。特にリオ州では、連日のように気温が40度に達しても雨が降らないというかなり深刻な事態だ。先週の予報の時点では聖州も影響 […]
  • 東西南北2014年12月5日 東西南北  かねてから、保育所に入園できない幼児が多いことで知られていた聖市だが、同市が発表した最新統計によると、今年11月の入園待ちの3歳11カ月までの幼児の数は18万7535人となり、2007年6月に統計を発表しはじめて以来、最多となった。過去の最悪記録はジルベルト・カサビ前市長 […]
  • 東西南北2013年2月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月22日 […]
  • 東西南北2013年3月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年3月23日 […]