ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 既に報じているとおり、テメル大統領の2度目の告発は回避された。ただ、大方がこの結果を予想できていたため、世間にはそれほど大きなインパクトをもっては迎えられていない。その証拠に、グローボ局は放送予定を変更して、9時のノヴェーラの代わりに生放送で下院での投票の様子を伝えていたが、それによって、通常の4分の1ほどの視聴者を失ったとか。もう、残り任期も少ないため、下手に大統領を変えて経済を混乱させるのは得策ではないとのの見方が政界内部にも拡がっているためか、テメル氏の任期全うの可能性は上がった。気をつけたほうが良いのはむしろ、体調を壊さないようにすることか。
     ◎
 25日の夜から26日にかけて、サンパウロ市では久々に強い雨が降った。この影響で、26日午前9時現在の6大水系の降水量は軒並み、20ミリから30ミリ上がった。雨量に苦戦していた今月だが、カンタレイラ、アウト・チエテ、グアラピランガといった主要3水系の月間降水量も80ミリ前後まで上がった。予報だと、今月いっぱいはまだ雨が続くようなので、なんとか100ミリ、あわよくば各水系の月間平均降水量に届いてほしい。
     ◎
 25日のサッカーのリベルタドーレス杯準決勝、グレミオは、敵地エクアドル(グアヤキル)でのバルセロナ戦を3―0で快勝。これで11月1日に本拠地ポルト・アレグレでの第2戦で、最悪負けても2点差以内なら決勝進出とかなり有利になった。決勝進出なら、ブラジル勢としては4年ぶりとなる。ぜひ突破してほしいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年3月2日 東西南北  ルーラ元大統領が、1日付フォーリャ紙に掲載されたインタビューで、テメル大統領の事を「ゴウピ(クーデター)に勝った男だ」と評価し、話題となっている。ルーラ氏は昨年5月にブラジルを騒然とさせたJBSショックを、「グローボ局とロドリゴ・ジャノー前検察庁長官とジョエズレイ・バチスタ氏 […]
  • 東西南北2017年11月22日 東西南北  本日付本頁で報じた新都市相候補のアレッシャンドレ・バウジー氏に、早速黒い噂が浮上している。20日付フォーリャ紙には、同氏は2011~12年頃に現地紙をにぎわせた連邦警察のモンテ・カルロ作戦の仕掛け人で賭博師のカルロス・カショエイラ被告と深いつながりがあり、犯罪にも関与していた […]
  • 東西南北2017年8月31日 東西南北  現在、下院議長代理を務めているアンドレ・フフッカ下議が連日、伯字紙で話題だ。まだ下議第1期の28歳で、童顔ですごく健康的な肌つやの上、毛髪量が多く、前髪を下げた髪型ゆえに、実年齢以上に「お坊ちゃん」のイメージが強い。同下議が議長を務めることになったのは、テメル大統領の中国出張 […]
  • 東西南北2017年8月11日 東西南北  ここ数日は、細かいながらも政界で様々な動きがあった。8日夜は、テメル大統領がラケル・ドッジ次期検察庁長官と22時過ぎにスケジュール外の会合。その姿をまるで芸能人へのパパラッチ写真のようにグローボ局に撮られてしまい、ドッジ氏にとっては手厳しい洗礼が浴びせられた。その一方、アエシ […]
  • シャペコエンセ=今日3日に関係者の合同葬=飛行計画承認の際に不正?2016年12月3日 シャペコエンセ=今日3日に関係者の合同葬=飛行計画承認の際に不正?  【既報関連】ブラジリア時間11月29日未明にコロンビアで起きたラ・ミア933便墜落事故で、死亡したブラジル人64人の遺体が2日に同国を離れ、3日に葬儀と2日付現地紙などが報じた。  サンタカタリーナ州シャペコー市では、同市に本拠を置き、スル・アメリカーナ杯決勝第1戦に臨 […]